ファン・ジョンミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ファン・ジョンミン
황정민
황정민
2013年
生年月日 (1970-09-01) 1970年9月1日(48歳)
出生地 大韓民国の旗 大韓民国慶尚南道馬山市(現・昌原市
身長 180 cm[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1994年[1] -
配偶者 キム・ミヘ
主な作品
映画
ユア・マイ・サンシャイン
新しき世界
国際市場で逢いましょう
ベテラン
『ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆』
『工作 黒金星と呼ばれた男』
テンプレートを表示
ファン・ジョンミン
各種表記
ハングル 황정민
漢字 黃正民
発音: ファン・ジョンミン
ローマ字 Hwang Jeong-min(2000年式
Hwang Ch'ŏng-min(MR式
英語表記: Hwang Jung-min
テンプレートを表示

ファン・ジョンミン: 황정민1970年9月1日[1] - )は、韓国俳優慶尚南道馬山市(現・昌原市)出身[1]ソウル芸術大学演劇科卒。

妻は元舞台女優で所属会社セムカンパニー代表のキム・ミヘ(김미혜[1]) 、弟は音響監督のファン・サンジュン(황상준[1])。

略歴[編集]

浪人時代、新人公募に合格した後、1990年当時時代を風靡した映画『将軍の息子』でデビュー。 2005年、映画『ユア・マイ・サンシャイン』で青龍映画賞の主演男優賞を受賞、2013年の『新しき世界』で二度目の主演男優賞を受賞した。2015年の主演映画『国際市場で逢いましょう』は観客動員数1,400万人を超える大ヒット作となり、自身も大鐘賞の主演男優賞を受賞した。2018年、『工作 黒金星と呼ばれた男』で二度目の大鐘賞主演男優賞を獲得[2]

出演[編集]

映画[編集]

  • 将軍の息子 [ 장군의 아들 ](1990)
  • シュリ [ 쉬리 ](1999)
  • ワイキキ・ブラザーズ [ 와이키키 브라더스 ](2001)
  • 爆烈野球団! [ 야구단 ](2002)
  • ロード・ムービー [ 로드 무비 ](2002)
  • 浮気な家族 [ 바람난 가족 ](2003)
  • 最後の狼 [ 마지막 늑대 ](2004)
  • チャーミング・ガール [ 여자 정혜 ](2005)
  • 甘い人生 [ 달콤한 인생 ](2005)
  • 天軍 [ 천군 ](2005)
  • ユア・マイ・サンシャイン [ 너는 내 운명 ](2005) - 主演:キム・ソクチュン 役
  • 私の生涯で最も美しい一週間 [ 내 생애 가장 아름다운 일주일 ](2005) - チョン・ジュノ 役
  • 死生決断 [ 사생결단 ](2006)
  • 黒い家 [ 검은 집 ](2007)
  • ハピネス [ 행복 ](2007)
  • 最後の約束 [ 열한번째 엄마 ](2007)
  • 星から来た男 [ 슈퍼맨이었던 사나이 ](2008)
  • 影殺人 [ 그림자 살인 ](2009)
  • オガムド〜五感度〜 [ 오감도 ](2009) - ミン・ジェイン 役
  • 雲を抜けた月のように [ 구르믈 버서난 달처럼 ](2010)
  • 生き残るための3つの取引 [ 부당거래 ](2010) - チェ・チョルギ 役
  • 平壌城 [ 평양성 ](2011)
  • 裏切りの陰謀 [ 모비딕 ](2011)
  • ダンシング・クイーン [ 댄싱퀸 ](2012)
  • 新しき世界 [ 신세계 ](2013) - 主演:チョン・チョン 役
  • フィスト・オブ・レジェンド [ 전설의 주먹 ](2013)
  • 傷だらけのふたり [ 남자가 사랑할 때 ](2014) - 主演:ハン・テイル 役
  • 国際市場で逢いましょう [ 국제시장 ](2014) - 主演:ユン・ドクス 役
  • ベテラン [ 베테랑 ](2015) - 主演:ソ・ドチョル 役
  • ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆 [ 히말라야 ](2015) - 主演:オム・ホンギル 役[3]
  • 華麗なるリベンジ [ 검사외전 ](2016) - 主演:ピョン・ジェウク 役[4]
  • 哭声/コクソン [ 곡성 ](2016) - イルグァン 役
  • アシュラ [ 아수라 ](2016) - パク・ソンベ 役[5]
  • 工作 黒金星と呼ばれた男 [공작](2018) - 主演:パク・ソギョン 役[6]

テレビドラマ[編集]

舞台・ミュージカル[編集]

受賞歴[編集]

2002年[編集]

  • 第3回釜山映画評論家協会賞 - 新人男優賞(『ロード・ムービー』)
  • 第5回ディレクターズ・カット・アワード - 新人演技賞(『ロード・ムービー』)
  • 第22回韓国映画評論家協会賞 - 新人男優賞(『ロード・ムービー』)
  • 第23回青龍映画賞 - 新人男優賞(『ロード・ムービー』)
  • 第1回MBC映画賞 - 助演男優賞(『ワイキキ・ブラザーズ』)

2005年[編集]

2006年[編集]

  • 第7回釜山映画評論家協会賞 - 主演男優賞(『死生決断』)
  • 第29回黄金撮影賞 - 最優秀人気男優賞(『ユア・マイ・サンシャイン』)

2007年[編集]

2008年[編集]

  • ゴールデンチケットアワーズ演劇部門チケットパワー男性俳優1位

2009年[編集]

  • ゴールデンチケットアワーズ演劇部門チケットパワー男性俳優1位

2013年[編集]

  • 第34回青龍映画賞 - 主演男優賞(『新しき世界』)
  • 第22回釜日映画賞 - 主演男優賞(『新しき世界』)
  • 大韓民国ベストスター賞 - 映画トップスター賞(『新しき世界』)

2015年[編集]

  • 第52回大鐘賞 - 主演男優賞(『国際市場で逢いましょう』)
  • 第35回黄金撮影賞 - 演技大賞(『国際市場で逢いましょう』)
  • 第15回ディレクターズ・カット・アワード - 今年の男性演技者賞(『国際市場で逢いましょう』)
  • 第2回韓国映画祭作家協会賞 - 主演男優賞(『国際市場で逢いましょう』)

2018年[編集]

  • 第55回大鐘賞 - 主演男優賞(『工作 黒金星と呼ばれた男』)[2]イ・ソンミンと共同受賞

脚注[編集]