ファン感謝3days ボートレースバトルトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ファン感謝3days ボートレースバトルトーナメント(ファンかんしゃスリーデイズ ボートレースバトルトーナメント)は、ボートレースの一般戦競走の1つ。競艇の英語名称であるBOAT RACEを競走名に初めて付けた競走でもある。

概要[編集]

2016年に一般戦競走として新設。これまでの形式とは異なり、トーナメント形式で開催する大会。また、全日程で唯一3日間の短期決戦として行われる。

"ファン感謝3days"と釘打たれている為、SGやプレミアムGIと同様にビッグレースとしての呼び名も高い。

開催中には全国のボートレース場や場外発売場でファン感謝イベントも展開する。

大会形式[編集]

  • 初日は5レースから12レースまでの8競走を1回戦として行ない上位3着の選手・合計24名は翌日のセミファイナル・準決勝に進出する。反対に下位の3名・合計24名は敗者復活戦に回る。
  • 2日目は5レースから8レース迄の4競走を敗者復活戦として行ない最上位の1着者のみが決勝進出の候補者として残って後の20人は全て敗者復活戦での敗退が決まる。そして各レースの1着者・合計4人の中で得点上位になった1人のみが決勝進出。9レースから12レースの4競走はセミファイナル・準決勝として行ない最上位者の1着者のみがファイナル・決勝戦に進出して各レースの2着者・4名の中で得点上位になった1人のみが決勝進出する。
  • 最終日・3日目はファイナル/決勝戦を1発勝負で行なう。枠順は準決勝からの勝ち上がり選手が1号艇から4号艇まで/準決勝敗退者の中で得点最上位者が5号艇/敗者復活戦からの勝ち上がり者で得点最上位者が6号艇となる。
  • 2019年の第4回大会から優勝者には11月開催のBBCトーナメント競走への優先出走権のボードが贈られる。
  • 2020年の第5回記念大会からは決勝進出選手の4名で枠番抽選会を行なう事になった。遣り方は12月開催のBBCトーナメントと同じあみだ籤での抽選となる。最初の抽選は4枚の横長板から好きな横長板を1枚選んで右端の何処かに貼る。2番目の抽選はあみだ籤の抽選番号を「他人に見せない」のを条件に1枚選んで司会者の合図で一斉にオープンする。選ばれなかった数字は消去されてこれで全てのスタンバイが整う。抽選は上の人から順に行われてこれで決勝戦の枠番が決定される。尚、準決勝敗退選手の中から最高成績者が5号艇/復活戦勝者選手の中から最高成績者が6号艇になるのも同時発表されている為にスタート時は既に2人の枠番が決定している。

歴代優勝者[編集]

回数 開催年 開催場 クラス 優勝選手 出身地
1 2016年 平和島競艇場 一般戦 今井美亜 富山県
2 2017年 住之江競艇場 一般戦 松井繁 大阪府
3 2018年 福岡競艇場 一般戦 中田竜太 福島県
4 2019年 多摩川競艇場 一般戦 赤岩善生 愛知県
5 2020年 尼崎競艇場[1] 一般戦 瓜生正義 福岡県
6 2021年 児島競艇場[2] 一般戦

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 千葉誠一アナツイート”. 2019年1月15日閲覧。
  2. ^ 令和2年度「BOATRACEバトルトーナメント」及び「ボートレースレディースVSルーキーズバトル」の開催地決定”. 2019年9月7日閲覧。
  3. ^ グレードレースの新設について - ボートレース公式ホームページ。2018年8月31日発信、同年11月30日閲覧。