ファーンバラ男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
初代ファーンバラ男爵チャールズ・ロング

ファーンバラ男爵(ファーンバラだんしゃく、英語: Baron Farnborough)は、連合王国貴族の爵位で、2度創設された。

トーリー党の政治家で庶民院議員、枢密顧問官アイルランド担当次官英語版陸軍支払長官英語版を歴任したチャールズ・ロング英語版は、1826年7月8日にケント州におけるブロムリー・ヒル・プレイスのファーンバラ男爵Baron Farnborough of Bromley Hill Place, co. Kent)に叙された[1]。しかし、後継者を残さず1838年1月17日に死去したため、爵位は一代で廃絶した[1]

憲法学者、庶民院書記官英語版で著作『議会の法、特権、手続と慣習に関する論』(A Treatise upon the Law, Privileges, Proceedings and Usage of Parliament)で知られるトマス・アースキン・メイは、1886年5月11日にサウサンプトン州におけるファーンバラのファーンバラ男爵Baron Farnborough, of Farnborough, co. Southampton)に叙された[1]。しかし、そのわずか1週間後の1886年5月17日に死去し、爵位は一代で廃絶した[1]。爵位創設から廃絶までが7日間という記録は、1日で廃絶したレイトン男爵(1896年)についで2番目の短さである[1]

ファーンバラ男爵(1826年)[編集]

  • 初代ファーンバラ男爵チャールズ・ロング英語版(1760年 - 1838年)

ファーンバラ男爵(1886年)[編集]

初代ファーンバラ男爵トマス・アースキン・メイ

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, Herbert Arthur, eds. (1926). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Eardley of Spalding to Goojerat) (英語). 5 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 257–258.