フアン・ギリェルメ・ヌネス・ジェズス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はヌネス第二姓(父方の)はジェススです。
フアン・ジェズス Football pictogram.svg
Juan Jesus Inter.jpg
インテル時代のフアン・ジェズス (2014年)
名前
本名 フアン・ギリェルメ・ヌネス・ジェズス
Juan Guilherme Nunes Jesus
ラテン文字 JUAN JESUS
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1991-06-10) 1991年6月10日(28歳)
出身地 ベロオリゾンテ
身長 185cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ASローマ
ポジション DF (CB, SB)
背番号 5
利き足 左足
ユース
2006-2009 ブラジルの旗 インテルナシオナル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2012 ブラジルの旗 インテルナシオナル 25 (0)
2012-2017 イタリアの旗 インテル・ミラノ 110 (1)
2016-2017 イタリアの旗 ローマ 20 (0)
2017- イタリアの旗 ローマ 42 (1)
代表歴
2009-2011 ブラジルの旗 ブラジル U-20 17 (2)
2012  ブラジル U-23 6 (0)
2012-2013 ブラジルの旗 ブラジル 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月7日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

フアン・ギリェルメ・ヌネス・ジェズス(Juan Guilherme Nunes Jesus, 1991年6月10日 - )は、ブラジルベロオリゾンテ出身のサッカー選手イタリアセリエAASローマ所属。ポジションはディフェンダー。元ブラジル代表

ジュアン・ヘススと表記されることもある。

クラブ経歴[編集]

インテルナシオナル[編集]

2007年SCインテルナシオナルの下部組織に入団。2010-11シーズンにトップチームに昇格し、2010年のコパ・リベルタドーレス優勝に貢献した[1]

インテル・ミラノ[編集]

2012年1月、イタリアインテル・ミラノに完全移籍し2016年までの契約を結んだ[2]。同年5月13日ラツィオ戦で、終了間際にディエゴ・ミリートに代わってピッチに立ちセリエAデビューを果たした。翌2012-13シーズン、9月16日トリノ戦で初めて先発出場し、チームの勝利に貢献した[3]。 2013-14シーズンからは、背番号を引退したデヤン・スタンコビッチの5に変更。新任のワルテル・マッツァーリの3バックの布陣において、左CBのレギュラーの座を掴んだ。

2014年11月にロベルト・マンチーニが監督に就任すると、2014-15シーズン終盤から長友佑都に代わって左サイドバックとして起用されるようになった[4]。翌2015-16シーズンでも引き続き左サイドバックを中心に起用されていたが、長友佑都やダニーロ・ダンブロージオの復調もあり、ポジションを失った。

ローマ[編集]

2016年7月14日ASローマへ1000万ユーロでの買い取り義務付きのレンタル移籍[5]

代表経歴[編集]

2011年にU-20ブラジル代表として南米ユース選手権U-20ワールドカップで優勝を経験。翌2012年夏にはU-23ブラジル代表としてロンドン五輪に招集[6]。決勝までの全6試合に先発出場(うち5試合はフル出場)し、銀メダルを獲得した[7]

2012年5月26日、デンマーク代表との親善試合にフル出場し、ブラジルA代表デビューを飾った。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

SCインテルナシオナル

代表[編集]

脚注[編集]