フアン・ヌニェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はヌニェス第二姓(母方の)はリマです。
フアン・ヌニェス Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム フアン・ヌニェス・リマ
ラテン文字 Juan Núñez Lima
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
生年月日 (1959-11-19) 1959年11月19日(58歳)
身長 178cm
体重 73kg
成績
オリンピック 100m 準決勝2組5着 (1988年)
世界選手権 100m 5位 (1983年)
200m 1次予選棄権 (1983年)
自己ベスト
100m 10秒16 (1983年)
10秒07w (1987年)
200m 20秒65 (1983年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

フアン・ヌニェス・リマJuan Núñez Lima1959年11月19日 ‐ )は、ドミニカ共和国の元陸上競技選手。専門は短距離走100mで10秒16、200mで20秒65の自己ベストを持つ、両種目の元ドミニカ共和国記録保持者。1983年ヘルシンキ世界選手権男子100mにおいて5位に入り、オリンピックも含めた100mで男女通じてドミニカ共和国勢初のファイナリストになった選手である(現在も唯一のファイナリスト)。

経歴[編集]

1983年8月のヘルシンキ世界選手権に出場すると、男子100mではドミニカ共和国勢最高成績となる5位、男子200でも1次予選棄権に終わったもののドミニカ共和国勢最高成績(当時)を記録した[注 1]

1988年9月のソウルオリンピックに出場すると、男子100mで準決勝2組5着という成績を残した[注 2]。これは現在も男女通じて100mのドミニカ共和国勢最高成績である。

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
100m 10秒16 (+1.9) 1983年7月22日 キューバの旗 ハバナ 元ドミニカ共和国記録
10秒07w (+6.0) 1987年8月9日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス 追い風参考記録
200m 20秒65 (+0.7) 1983年7月23日 キューバの旗 ハバナ 元ドミニカ共和国記録

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1981 中央アメリカ・カリブ選手権 (en ドミニカ共和国の旗 サントドミンゴ 100m 3位 10秒47
200m 優勝 20秒82
1982 中央アメリカ・カリブ海競技大会 (en キューバの旗 ハバナ 100m 3位 10秒33
200m 3位 21秒04
1983 中央アメリカ・カリブ選手権 (en ドミニカ共和国の旗 サントドミンゴ 100m 優勝 10秒16 (+1.9) 大会記録
ドミニカ共和国記録
200m 優勝 20秒65 (+0.7) ドミニカ共和国記録
世界選手権 フィンランドの旗 ヘルシンキ 100m 5位 10秒29 (-0.3) ドミニカ共和国勢最高成績
200m 1次予選 DNS
パンアメリカン競技大会 (en ベネズエラの旗 カラカス 100m 2位 10秒14
1986 中央アメリカ・カリブ海競技大会 (en ドミニカ共和国の旗 サンティアゴ 100m 2位 10秒38
200m 2位 20秒79
1987 中央アメリカ・カリブ選手権 (en ベネズエラの旗 カラカス 100m 優勝 10秒22
200m 2位 20秒79
パンアメリカン競技大会 (en アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス 100m 3位 10秒44
1988 オリンピック 大韓民国の旗 ソウル 100m 準決勝 10秒35 ドミニカ共和国勢最高成績 (2組5着)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年モスクワ大会ルゲリン・サントス英語版が予選5組7着を記録して更新された。
  2. ^ 当時は2組6着だったが、ベン・ジョンソンのドーピング処分で順位が2組5着に繰り上がった。

出典[編集]

記録
先代:
男子100m
ドミニカ共和国記録保持者
( - 10秒16)

19xx年x月x日 - 2015年7月21日
次代:
ヤンカルロス・マルティネス
(10秒14)
2015年7月21日
先代:
男子200m
ドミニカ共和国記録保持者
( - 20秒65)

19xx年x月x日 - 2012年5月5日
次代:
Carlos Jorge(英語版)
(20秒63)
2012年5月5日