フアン・プホル・ガルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フアン・プホル・ガルシア

フアン・プホル・ガルシア(Juan Pujol García、1912年2月14日 - 1988年10月10日)は、第二次世界大戦時にナチス・ドイツに敵対する立場の二重スパイとして活動したスペイン人。ドイツからは「アラベル」、イギリスからは「ガルボ」のコードネームで呼ばれ、ドイツから「鉄十字勲章」、イギリスから「大英帝国勲章」を授与されている[1]

1949年に、MI5の協力により、マラリヤによって死亡したものと偽装され、その後はベネズエラのラグニリャスで書店とギフトショップを経営した[2]。1984年にノルマンディー上陸作戦から40年を記念して開かれた祝賀会に招待され出席している[3]

脚注[編集]

  1. ^ Masterman, John C (1972) [1945]. The Double-Cross System in the War of 1939 to 1945. Australian National University Press. ISBN 978-0-7081-0459-0 
  2. ^ Agent GARBO”. MI5 History. MI5 Security Service. 2015年4月15日閲覧。
  3. ^ Pujol (1985). p. 7 "Our rendezvous was to be in New Orleans. There on Sunday, 20 May 1984, I first met my quarry."

出典[編集]