フィアレス級哨戒艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィアレス級哨戒艇
RSS Resilience.jpg
基本情報
艦種 高速戦闘艇(FAC)
前級 ヴィクトリー級
次級 インディペンデンス級英語版
要目
満載排水量 500トン
全長 55.0 メートル (180.4 ft)
最大幅 8.60メートル (28.2 ft)
吃水 2.20メートル (7.2 ft)
主機 MTU 12V595 TE90
ディーゼルエンジン×2基
推進器 ウォータージェット推進器×2軸
出力 8,430馬力
速力 36ノット
航続距離 1,800海里 (15kt巡航時)
乗員 士官5名+曹士22名
兵装76mmスーパー・ラピッド砲×1基
・7.62mm単装機銃×4基
サドラル連装近SAM発射機×1基
・ILAS-3 3連装短魚雷発射管×2基
 ※APV型のみ
C4ISTAR ・ST-3100 WCS
レーダー ・EL/M-2228X 多機能型
・1007型 航法用
ソナーTSM-2362 船底装備式
電子戦
対抗手段
・NS-9010C電波探知装置
・シールドIII 6連装デコイ発射機×2基
テンプレートを表示

フィアレス級哨戒艇英語: Fearless-class patrol vessel)は、シンガポール海軍高速戦闘艇(FAC)の艦級。前期建造艇は駆潜艇(APV)、後期建造艇は哨戒艇(OPV)として装備されている。

来歴[編集]

1993年2月27日、まず6隻の建造がシンガポール・シップビルディング・アンド・エンジニアリング社に発注された。これらは対潜戦を主任務としてA244/S対潜魚雷を搭載していたことから、駆潜艇(antisubmarine patrol vessels, APV)として種別された。1996年10月5日に3隻が、続いて1997年5月3日に3隻が就役し、全艇が第189戦隊に配属された[1]

続いて1994年2月18日、さらに6隻の建造が同社に発注された。こちらはガブリエルMk.2艦対艦ミサイル(SSM)を主兵装としたミサイル艇として建造される計画であった。しかし実際にはSSMは搭載されず、哨戒艇(OPV)として種別されている[1]

設計・装備[編集]

船型としては中央船楼型を採用している。主機関としては、ドイツMTU社製のV型12気筒ディーゼルエンジンであるMTU 12V595 TE90型を2基搭載して、それぞれ1軸ずつのウォータージェット推進器を駆動する[1]

戦術情報処理装置としては、イスラエルエルビット・システムズ社製のST-3100 WCSが搭載された。主たるセンサーとなるのは、やはりイスラエルのエルタ・システムズ社製のEL/M-2228X多機能レーダーである。これはXバンドで動作するコヒーレント・パルス・ドップラー・レーダーであり、対空・対水上捜索と砲射撃指揮の双方に用いられることからSGRS(Surveillance & Gunnery Radar System)と称される。最大探知距離は100キロメートルで、戦闘機大の目標に対しては50キロメートルの有効探知距離を備えている。またソナーとしては、フランスのトムソン・シントラ(現在のタレス・アンダーウォーター・システムズ)社製のTSM-2362ガッジョンが搭載される。これは哨戒ヘリコプター用のディッピングソナーをもとにスフェリオン・ソナーの技術を導入して開発された、13キロヘルツ級の中周波ソナーである[1][2]

主砲としては、シンガポール海軍で一般的な76mmスーパー・ラピッド砲を艦首甲板に備えており、光学式のMSIS砲射撃指揮装置による統制を受ける。また近接防空用として、ミストラル近接防空ミサイルの遠隔操作型サドラル連装発射機を艦尾甲板に設置する[1]

なお、OPV型では複合艇の揚降等に用いるため、大容量の電気油圧式クレーンを設置した。ただし複合艇そのものは全艇に搭載されている[1]

同型艇一覧[編集]

タイプ # 艦名 進水 就役 退役
APV P 94 フィアレス
RSS Fearless
1995年2月18日 1996年10月5日 2019年8月27日
P 95 ブレイブ
RSS Brave
1995年9月9日
P 96 カレイジャス
RSS Courageous
2003年5月
P 97 ギャラント
RSS Gallant
1996年4月27日 1997年5月3日 就役中
P 98 デアリング
RSS Daring
2018年7月19日
P 99 ドーントレス
RSS Dauntless
1996年11月23日 2019年8月27日
OPV P 82 レジリエンス
RSS Resilience
1998年2月7日 2018年7月19日
P 83 ユニティー
RSS Unity
1997年7月19日 2017年10月3日
P 84 ソヴリニティ
RSS Sovereignty
P 85 ジャスティス
RSS Justice
1997年10月18日
P 86 フリーダム
RSS Freedom
1998年8月22日 就役中
P 87 インディペンディンス
RSS Independence
1998年4月19日 2017年3月8日

なお、2003年4月1日、3番艇「カレイジャス」は52,000トンの商船「インドネシア」と衝突した。この事故によって船体後半部が大破し、同部の居住区で就寝していた女性水兵4名が殉職した。損傷が大きかったことから、同艇は修理されずに退役した[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 659. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ Norman Friedman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. ISBN 9781557502681. http://books.google.co.jp/books?id=l-DzknmTgDUC. 

関連項目[編集]