フィッツナウ・リギ鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィッツナウ・リギ鉄道

フィッツナウ・リギ鉄道(フィッツナウ・リギてつどう、ドイツ語: Vitznau-Rigi-Bahn、略VRB)はスイスフィッツナウリギ山を結ぶ全長7キロメートルの登山鉄道である。この鉄道は1871年ヨーロッパ初の登山鉄道として開業した[1]。車体の色は赤である。

概要[編集]

軌間は1435ミリ、全線にリッケンバッハ式のラックレールが敷かれている。途中のリギ・シュタッフェル駅でアルト・リギ鉄道(ARB)と合流する。

[編集]

  • フィッツナウ駅
  • リギ・カルトバート・フィルスト駅
  • リギ・シュタッフェル駅
  • リギ・クルム駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『世界で一番美しい山岳鉄道』 エクスナレッジ2015年、42頁。ISBN 978-4-7678-2045-3。

関連項目[編集]