フィッツ・ヒュー・カーティス症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フィッツ・ヒュー・カーティス症候群
Perihepatic adhesions 2.jpg
腹腔鏡下で見たフィッツ・ヒュー・カーティス症候群の典型像
分類および外部参照情報
ICD-9-CM 098.86, 099.56
DiseasesDB 4843
eMedicine med/797

フィッツ・ヒュー・カーティス症候群(-しょうこうぐん、英語:Fitz-Hugh-Curtis Syndrome)とは、女性生殖器から進入した病原体により、骨盤内腔炎から肝周囲炎に至った感染症を指す[1]。性行動を伴う年齢の女性に発症することが多い。

病態[編集]

クラミジア[2]が多く、次いで淋菌などによるものが多いが[1][3]大腸菌群、嫌気性菌もによるものもみられる。骨盤内腔の感染が、上腹部、特に肝皮膜に至る。

症状・身体所見[編集]

  • 吸気時右側腹部痛(マーフィー徴候)、右上腹部の叩打痛
  • Fitz-Hugh-Curtis症候群の臨床診断基準試案[4]
  • Major Criteria
  1. 季肋部(〜右側腹部)の自発痛または圧痛
  2. 体動・深呼吸時またはMurphy徴候
  • Minor Criteria
  1. クラミジアまたは淋菌陽性(抗原・培養)
  2. 内科医・外科医による除外診断
  3. 37℃以上の発熱
  4. 急性骨盤腹膜炎症状の先行または合併
  5. 炎症反応陽性(CRP上昇、白血球増加など)
  • Definitive Criteria
  1. 腹腔鏡所見による診断
  • Major Criteriaの2項目を共に満たし、かつMinor Criteriaを3項目以上満たす場合、臨床所見からFitz-Hugh-Curtis症候群と診断する。

検査[編集]

治療[編集]

#1. セフォテタン1回2g 12時間毎、あるいはセフォキシチン1回2g 6時間毎+ドキシサイクリン1回100mg 経口12時間毎(日本では入手困難なセフォテタンやセフォキシチンに替わり、セフメタゾール1回1g 8時間毎などを用いる。)
#2. セフトリアキソン250mg筋注単回投与+ドキシサイクリン1回100mg 経口1日2回 14日間 ±メトロニダゾール1回500mg 1日2回 14日間

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 鈴木彩、生坂政臣ほか「一般内科外来におけるFitz-Hugh-Curtis症候群の検討 (PDF) 」 、『家庭医療』第11巻第2号、2004年、 p.p.4、 ISSN 1340-70662010年1月11日閲覧。
  2. ^ Peter NG, et al. Fitz-Hugh-Curtis syndrome: a diagnosis to consider in women with right upper quadrant pain.Cleve Clin J Med. 2004; 71 (3): 233-9.
  3. ^ 早川弘輝、末永昌宏ほか「クラミジア感染による肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)が原因と考えられるイレウスの1手術例」、『日消外会誌』第34巻第8号、2001年、 p.p.1332、 ISSN 0386-97682010年1月11日閲覧。
  4. ^ 村尾寛・他: Fitz-Hugh-Curtis症候群の臨床診断126例の検討. 日産婦誌. 2002; 54: 1681-5.
  5. ^ a b 田中正利 他. 日本全国から分離された淋菌の抗菌薬感受性に関する調査. 感染症誌 2011; 85: 360-5.