フィデアカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィデアカード株式会社
Fidea Card Co.,Ltd.
北都銀行分館
本社(北都銀行分館、秋田県秋田市)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
010-0001
秋田県秋田市中通三丁目1番34号
北都銀行分館
設立 1991年(平成3年)2月1日
(荘銀ユーシーカード株式会社)
業種 その他金融業
法人番号 6410001009695
事業内容 クレジットカード業務
信用保証業務
代表者 中村和之(代表取締役社長)
資本金 110百万円
決算期 3月末日
主要株主 フィデアホールディングス 100%
外部リンク http://www.fideacard.co.jp
特記事項:
東北財務局長(9)第00094号
日本貸金業協会会員 第000624号
テンプレートを表示

フィデアカード株式会社(英:Fidea Card Co.,Ltd.)は、秋田県秋田市に本社を置く、フィデアホールディングスの系列の信用保証業・クレジットカード会社。

概要[編集]

荘内銀行系列企業であった荘銀カード北都銀行系の北都カードサービスを吸収合併し発足した。合併に伴い旧本社は山形営業部、旧山形支店は山形営業所となり、旧北都カードサービス本社社屋に本社・秋田営業部が設置された[1]。鶴岡市にあった荘銀カードの保証審査部は、引き続き同一地で存続し、北都銀行関連のローン審査も手掛けることになった。

荘銀カードと北都カードサービスの業務を引き継ぎ、UCカードのブラザーズカンパニーになるほか、ジェーシービー三菱UFJニコスフランチャイジーを継承した。 また、2012年(平成24年)6月15日、北都UFJカードの取り扱いを終了した。これに先立ち、同年5月に有効期限が到来するカードについては期限を以って使用を停止した[2]

合併当初は前身企業を引き継ぎ、UCが本社・山形営業部の双方、DCが本社、JCBが山形営業部の担当であったが、その後、山形営業部はクレジットカードの担当はJCBのみとなっており、現在はUCは本社が旧両社担当分のいずれも担当になっている。また、荘銀カードから継承していた信用保証部門は、鶴岡市の山形営業部所在地とは別途設置(保証審査部は、北都銀行や荘内銀行が手がける銀行ローンの審査の一部を担当する)されている。

その後、2016年3月、山形営業部は保証審査部の位置に移転となった。

沿革[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 子会社間の合併契約締結について~荘銀カードと北都カードサービスの合併~ (PDF)”. フィデアホールディングス株式会社 (2011年12月22日). 2013年10月17日閲覧。
  2. ^ 「北都UFJカード」取扱終了のご案内 (PDF)”. フィデアカード株式会社 (2012年4月1日). 2013年10月17日閲覧。
  3. ^ 簡易株式交換によるフィデアカード株式会社及び株式会社フィデア情報システムズの完全子会社化に関する株式交換契約締結のお知らせ (PDF)”. フィデアホールディングス株式会社 (2016年5月11日). 2016年7月16日閲覧。