フィデナエの戦い (紀元前8世紀)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィデナエの戦い(紀元前8世紀)
Fidènes VIe et IVe siècles avant JC.svg
紀元前6世紀のフィデナエ
戦争:ローマ・エトルリア戦争
年月日紀元前748年頃。(ティトゥス・タティウスの死後[1]
場所フィデナエ(ローマ北方8 km)
結果:ローマの勝利とフイデナエの占領とローマ人2,500人の植民[2]
交戦勢力
王政ローマ フィデナエ
指導者・指揮官
ロームルス
ローマ・エトルリア戦争

フィデナエの戦い(フィデナアエのたたかい)は、王政ローマ初代の王ロームルスの治世の時代の、ローマとフィデナエの戦いである。半ば伝説的なものであり、ローマが勝利した。

背景[編集]

ローマがパラティヌスの丘の上に建国されその拡大が始まると、ティトゥス・リウィウスによれば、その強力な軍事力のために周辺地域の都市と敵対関係が生まれた。ケニネン人(it[3][4]、アンテムナテ人(it[5][6]、クルストムニ人(it[5]サビニ人[7][8]の都市が次々とローマに下った。フィデナエはローマの北方8キロメートルに位置するエトルリア人都市である。フィデナエの住民は、ローマが強力であると同時にフィデナエに隣接しているため、その戦力が拡大して対処できなくなる前に、ローマを攻撃することを決定した[9]

戦闘[編集]

この戦いに関しては、二つの異なった説がある。一つは、ローマは騎兵の奇襲により城門を破壊させ、その後ロームルスが全軍を率いて突入し、にフィデナエを占領したというものである[10]

もう一つは、フィデナエが仕掛けたというものである。フィデナエはローマとの戦いを急ぎ、フィデナエとローマの間に騎兵を派遣して略奪を行い、その周辺の住民をおびえさせた[10]。ローマはこれにすばやく反応した。ロームルスは自身が軍を率い、北へ向かってテヴェレ川を超え、フィデナエから1マイルまでに迫った[9]

フィデナエに残っていた守備塀は多くは無かったため、ロームルスは兵のほとんどを近くの森に隠し、待ち伏せ攻撃を意図した[9]。続いて城門に対して無謀と思える攻撃を行ったが、これはフィデナエ兵を出撃させるための欺瞞攻撃であり、適当な時期に騎兵は撤退した。これを追撃したフィデナエ軍はローマ軍の待ち伏せ攻撃を受けた[9]

待ち伏せは成功した[10]。一度城門を開いて出撃すると、そこは敵の真っ只中であった。ローマ軍の第一列を撃破できたとしても、直ちに他のローマ兵に押し返された。ローマ軍はフィデナエに殺到し、勝利した[9][10]

結果[編集]

プルタルコスによると、ロームルスはフィデナエを破壊することはせず、ローマ人2,500を移住させ、ローマの植民都市とした[2]。フィデナエが開始した戦いは、熱病のように隣のエトルリア都市であるウェイイに達した[5]。直ぐにローマとウェイイは戦争となったが(ウェイイとの戦い )、ローマはセプテム・パグス(ティベリーナ島の西)とサリーネを占領し[11]、ウェイイ軍は国境に押し返された[12]

脚注[編集]

  1. ^ プルタルコス, Life of Romulus, 23, 1-3.
  2. ^ a b プルタルコス, Life of Romulus, 23, 7
  3. ^ リウィウスローマ建国史』I, 10; Triumphal Fasti celebrate in the year 752 / 751 BC the triumph of Romulus on the people of Ceninensi ( Caeniensi )
  4. ^ プルタルコス, Life of Romuls, 17, 1.
  5. ^ a b c リウィウスローマ建国史』I, 11.
  6. ^ Fasti triumphal celebrate in the year 752/751 BC the triumph of Romulus on the inhabitants of Antemnae ( Antemnates )
  7. ^ ハリカルナッソスのディオニュシオス、VII, 35, 4; VIII, 78, 5.
  8. ^ リウィウスローマ建国史』I, 12-13.
  9. ^ a b c d e リウィウスローマ建国史』I, 14.
  10. ^ a b c d プルタルコス, Life of Romulus, 23, 6.
  11. ^ Andrea Carandini, Rome. The first day, Rome-Bari 2007, p.99.
  12. ^ エウトロピウス『首都創建以来の略史』I, 2.

参考資料[編集]

一次資料[編集]

  • Dionysius of Alicarnasso, Roman Antiquities , VII-VIII.
  • Eutropy, Breviarium ab Urbe condita , I.
  • Triumphal triumphs
  • Livy, Ab Urbe dresses books , I.
  • Plutarch, Life of Romulu

現代の研究書[編集]

  • Andrea Carandini, Rome. The first day, Rome-Bari 2007.

関連項目[編集]