フィマフェング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フィマフェングFimafengr)は、北欧神話に登場する召使いの名前である[1]

概要[編集]

エルディルは『古エッダ』の『ロキの口論』に登場する。

エーギルが酒宴をもよおしたので、神々と妖精がおおぜい出席した。神々は召使いのフィマフェングやエルディルたちの素晴らしい働きぶりを褒めた。この様子が面白くなかったため、ロキはフィマフェングを切り殺した。神々は怒ってロキを追い出してしまった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『エッダ 古代北欧歌謡集』80頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年、ISBN 978-4-10-313701-6。