フィランソロピー (架空の組織)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

フィランソロピー (Philanthropy) は、PlayStation 2専用ソフト『メタルギアソリッド2 サンズ オブ リバティ』に登場する架空の組織の名称。正式には「反メタルギア財団 フィランソロピー」であり、国連にも公式にNGOとして登録されている。もともとのフィランソロピーの意味は「慈善活動」「人類愛」「博愛」などである。

組織概要[編集]

フィランソロピーは「シャドー・モセス事件」の後にリボルバー・オセロットによって世界中のブラックマーケットに流出したメタルギア亜種、並びにメタルギアを破壊・根絶するために結成された財団である(メタルギアはこの頃の核保有国にとっては既に特別な兵器ではなくなっている)。構成要員は、確認されている中ではソリッド・スネークハル・エメリッヒ(オタコン)、ナスターシャ・ロマネンコ、メイ・リンであるが、財団のリーダーや前述した人物以外のメンバーの存在があるのかは不明である。

資金源・出資元[編集]

フィランソロピーは、正式なNGOの財団ではあるものの資金不足に陥っているらしく、隊員のスネークの装備も充実しているとは言いがたい。スネークの装備の大部分が現地調達なのはこのためである(作戦の最初から持っている装備の大半は、メイ・リンがアメリカ陸軍の兵器開発システムセンターの装備を横流ししたものを使っている様子)。主な資金源はナスターシャ・ロマネンコが執筆した「シャドー・モセスの真実」の売上金だという。

出資元は複数あるようだが、「愛国者達」の中枢を成す「賢人会議」のメンバーの一人も出資者の名簿にあった。しかし、後にこれは偽情報であった事が語られている。

組織のその後[編集]

ビッグシェル占拠事件後、メンバーは活動の軸を反愛国者達に移したため、組織はその役目を終え、活動を停止した。

メタルギアソリッドモバイルでの登場[編集]

携帯電話端末向けゲームMETAL GEAR SOLID MOBILEでは、ソリッド・スネークオタコンがフィランソロピーに所属し活動するストーリーが語られる。