フィリップスブルク包囲戦 (1676年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィリップスブルク包囲戦
Siege of Philipsburg 1676.jpg
戦争仏蘭戦争
年月日1676年5月1日 - 9月17日
場所シュパイヤー司教領英語版フィリップスブルク英語版
結果:神聖ローマ帝国の勝利[1]
交戦勢力
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 フランス王国の旗 フランス王国
指導者・指揮官
神聖ローマ帝国の旗 ロレーヌ公シャルル5世[1] フランス王国の旗 トリーア・デュ・フェ(Trier du Fay
戦力
40,000 2,800
損害
1,300

フィリップスブルク包囲戦(フィリップスブルクほういせん、英語: Siege of Philippsburg)は仏蘭戦争中の1676年神聖ローマ帝国軍によるフィリップスブルク英語版の包囲。

背景[編集]

1644年以降ブライザッハ英語版とともにフランスの手に落ちたフィリップスブルクは、ライン川東岸における唯一の橋頭堡であり、セバスティアン・ル・プレストル・ド・ヴォーバンにより要塞化されていた。そのため、神聖ローマ帝国の西は常にフランス軍の脅威に晒されており、三十年戦争期にはプファルツ選帝侯領ネッカー川流域への侵攻の経路になった。近くのキスラウドイツ語版シュヴェツィンゲンブルッフザールの駐留軍は1676年春に壊滅しており、帝国はフィリップスブルクを直接包囲することにした。

経過[編集]

1676年5月1日、ロレーヌ公シャルル5世は軍勢4万を率いて包囲を開始した。フランス軍のトリーア・デュ・フェの軍勢は2,800人しかおらず、フランスの救援も失敗したためデュ・フェは9月17日に降伏した。降伏の時点で1,500人しか残っていない駐留軍は栄誉をもって退去することを許され、代わりに帝国軍3千がフィリップスブルクに駐留した。その後、フィリップスブルクは1688年の包囲戦でフランス軍に占領されるまで帝国の手に残り続けた。

脚注[編集]