フィリップ・アダムスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル

フィリップ・アダムスキー
フランスの旗 フランス
男子オリエンテーリング
世界選手権
2011 サヴォワ リレー
ヨーロッパ選手権
2010 プリモルスコ ロング
2010 プリモルスコ リレー
2012 ファールン リレー
ジュニア世界選手権
2005 ロカルノ ミドル
2005 ロカルノ ロング

フィリップ・アダムスキーPhilippe Adamski1985年4月8日 - )はフランスオリエンテーリング選手[1]であり、2011年には母国フランスで開催された世界選手権のリレー競技で優勝している。

実績[編集]

WOC2010にて

ジュニア時代[編集]

今でこそフランスを代表する選手の一人であるが、オリエンテーリングとの出会いは遅く、競技を始めたのは17歳の時だった。しかしながら上達は速く、競技を始めた翌2003年にはエストニアで開催されたジュニア世界選手権、JWOC2003に出場し、ロング競技で101位の成績だった。ポーランドで開催されたJWOC2004ではミドル競技で17位、ロング競技で11位と成長を見せ、スイスで開催されたJWOC2005ではミドル競技で銀メダル、ロング競技で銅メダルを獲得するに至った。

フランス代表として[編集]

JWOC2005や、2006年スロバキアで開催された世界学生選手権(WUOC)で銀メダルを獲得した実績が示す通り、始めてからの日は浅いものの、シニアの舞台に上がるには充分な実績を残していた。

2006年にデンマークで開催された世界選手権(WOC)に初出場。2008年チェコではミドル競技で入賞まであと一歩の7位となり、2009年ハンガリーでは初めてリレー競技のフランス代表に選出された。

国際舞台で初めて入賞したのは、2010年ブルガリアプリモルスコで開催されたヨーロッパ選手権(EOC)であり、ロング競技とリレー競技で銀メダルを獲得した。

2011年、地元フランスでの開催となったWOC2011ではミドル競技で9位、ロング競技で7位という成果をあげるとともに、リレー競技ではフランソワ・ゴノンティエリー・ジョルジュらと共に優勝し、故郷に錦を飾った。

2012年スウェーデンで開催されたEOC2012のリレー競技でも銅メダルを獲得している。

その他[編集]

  • フランスのドゥシー出身で、現在はサン=テティエンヌのRochetaillée在住。
  • フランスのクラブTAD、フィンランドのクラブKalevan rastiに所属しており、2007年にKalevan rastiとして出場したJukolaで優勝を果たしている。

参考文献[編集]