フィリップ・アンリ・ド・セギュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セギュール侯爵フィリップ・アンリの肖像画、エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン作、1789年。

セギュール侯爵フィリップ・アンリフランス語: Philippe Henri, marquis de Ségur1724年1月20日 パリ - 1801年10月3日 パリ)は、フランス王国の軍人。1783年にフランス元帥に叙されたほか、1780年から1787年までフランスの陸軍卿英語版を務めた。

生涯[編集]

アンリ・フランソワ・ド・セギュール英語版伯爵とアンジェリーク・ド・フロワシー英語版の息子として、1724年1月20日にパリで生まれた[1]。1742年に歩兵連隊の指揮官に任命され、父の部下としてオーストリア継承戦争に参戦、イタリアとボヘミアを転戦した[1]。1746年10月のロクールの戦いで負傷、1747年のラウフフェルトの戦いで片腕を失った[1]。1748年に父の後を継いでシャンパーニュブリーlieutenant généralになり、1753年にはフォワ伯領英語版の知事に任命された[1]七年戦争では1757年のハステンベックの戦い、1758年のクレーフェルトの戦い、1759年のミンデンの戦いに参戦した後、1760年のクローステル・カンペンの戦いで捕虜になった[1]

1775年にフランシュ=コンテの政府で才能を示したことで1780年にジャック・ネッケルの下の陸軍卿英語版に任命され、1787年まで務めた[1]。彼は1783年に参謀総長を恒常職に定め、兵営と陸軍病院についての規定などの貢献をしたが、一方で任期中には士官任命の条件に貴族の血が4分の1流れていることを定める勅令が発された(セギュール自身は勅令に反対したとされる)[1]。同年にはフランス元帥に叙された[1]

フランス革命恐怖政治期(1793年 - 1794年)にラ・フォース刑務所英語版に投獄され、処刑は免れたが釈放された後は1800年にナポレオン・ボナパルトから年金を受けるまで窮乏した[1]。1801年10月3日、パリで死去した[1]

家族[編集]

1749年にルイーズ・アンヌ・ド・ヴェルノン(Louise Anne de Vernon)と結婚、2男をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Ségur, Philippe Henri, Marquis de". Encyclopædia Britannica (英語). 24 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 585. 
公職
先代:
アレクサンドル・マリー・レオノール・ド・サン=モーリス・ド・モンバレー英語版
フランス陸軍卿英語版
1780年 - 1787年
次代:
ルイ=シャルル=オーギュスト・ル・トノリエ・ド・ブルトゥイユ英語版