フィリップ・シラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フィリップ・ シラー
Phil Schiller 2012.png
At WWDC 2012
生誕 1960年
職業 Appleフェロー

フィリップ・W・シラー (Philip W. Schiller)、通称フィル・シラー(Phil Schiller, 1960年-)は、Appleフェロー(前ワールドワイドマーケティング担当上級副社長)。2020年8月5日、スティーブ・ジョブズ復帰後に廃止されていた役職のApple フェローに昇格することが発表された[1]。後任のワールドワイドマーケティング担当上級副社長は、グレッグ・ジョズウィアック[1]

略歴[編集]

1982年、ボストンカレッジを卒業(生物学専攻)。主にマーケティング分野でキャリアを積む。

FirePower Systems(NeXTのハードウェア部門をスピンアウトさせたキヤノンの子会社[2])のプロダクトマーケティング副社長、マクロメディアのプロダクトマーケティング担当副社長を務めた後、スティーブ・ジョブズがアップルの経営の実権を握った1997年8月、前任のゲリーノ・デルーカが退社したことによりマーケティング担当副社長に就任した[3][4]

役職柄、表舞台に登場することが多く、Macworld Conference & ExpoWorldwide Developers Conferenceなどのイベントでスピーカーを務めている。iMaciBookmacOSiPhoneなどのマーケティングを統括したほか、アップルの主要な製品開発にも関わり、iPodスクロールホイールのアイデアはシラーによるものだという[5]

注釈・出典[編集]