フィリップ・パロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フィリップ・パロット(Philippe Parrot、1831年 - 1894年5月15日)はフランスの画家。

経歴[編集]

1831年、フランス、ドルドーニュ県のエキシダイユ(Excideuil)に生まれる。パリアカデミー・シュイスで絵画を学び、1861年より毎年のようにサロン・ド・パリに出品し多くの賞を得た。古典的な絵画、人物画等を得意とし、多くの作品を残した。1894年5月15日フランス・パリにて死去。

彼の作品はフランス南部の古都にあるボルドー美術館、ベルギーのヘント美術館等に収蔵されている。

息子のジョセフ=マリー=ジュール・パロ(Joseph-Marie-Jules Parrot:1829-1883)は有名な小児科医になった。

作品[編集]