フィリップ・ヒルシュホルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィリップ・ヒルシュホルン
Philippe Hirsschorn.jpg
基本情報
生誕 (1946-06-11) 1946年6月11日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ラトビア・ソビエト社会主義共和国の国旗 ラトビア・ソビエト社会主義共和国リガ
死没 (1996-11-26) 1996年11月26日(50歳没)
 ベルギーブリュッセル
学歴 レニングラード音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

フィリップ・ヒルシュホルンラトビア語: Filips Hiršhorns, フランス語: Philippe Hirshhorn[1], 1946年6月11日 - 1996年11月26日)は、ラトビア出身のヴァイオリン奏者[2][3]

経歴[編集]

リガの生まれ。ダルシン音楽学校でヴァルデマール・ストゥレステプにヴァイオリンを習った後、レニングラード音楽院ミハイル・ヴァイマンに師事。1967年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝し、ヘルベルト・フォン・カラヤンガリー・ベルティーニユーリ・テミルカーノフといった名指揮者たちと共演する機会を得て名声を確立していった。また、マルタ・アルゲリッチブリジット・エンゲラーミッシャ・マイスキー等の名手たちとの室内楽演奏でも高く評価された。 1973年からベルギーに移住し、ブリュッセル音楽院やユトレヒト音楽院等で後進の指導にもあたり、フィリップ・グラファン、ダヴィド・グリマルやジャニーヌ・ヤンセンを育てた。

ブリュッセルで脳腫瘍のために死去。

[編集]

  1. ^ "Philippe Hirschhorn"と綴られることもあるが、彼の墓碑には"Philippe Hirshhorn"と刻まれているのを確認できる。(フィリップ・ヒルシュホルン - Find a Grave
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]