フィリップ・ミルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フィリップ・ミルズ英語: Phillip Mills)は、アメリカ合衆国出身のフィギュアスケート振付師。元バレエダンサー

経歴[編集]

元体操選手だったがバレエに転じた。アメリカン・バレエ・シアターの奨学生として学び、プロのバレエダンサーとしてヨーロッパのバレエ団で活動する。

身体的な理由によりダンサーとしてのキャリア終了を考えていた頃、すでにバレエ団の指導者となっていた妻の教室をフィギュアスケートのコーチが見学にきたことをきっかけにフィギュアスケートの振付師の仕事を始める。リフトの提案などからアイスダンスの振付を手がけ、カルガリーオリンピック代表の指導にも携わる。

1988年コロラドスプリングスに拠点を置いていたカルロ・ファッシの下で活動を始め、その後再びカルロ・ファッシに誘われレイク・アロウヘッドのアイス・キャッスルへ移り、現在はカリフォルニアを拠点に活動している。

2011年にはジョン・ニックスとともにアシュリー・ワグナー全米選手権優勝に導くなどの功績をあげた。また、これまでに町田樹村上大介加藤利緒菜マイケル・クリスチャン・マルティネスニコル・ライチョヴァーポール・ビネボーズコートニー・ヒックスなど、多くのスケート選手の振付を手掛けた。