フィリップ (ベルギー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィリップ
Philippe
ベルギー国王
King Philippe of Belgium (Belgian National Day, 2018).jpg
ベルギー建国記念日英語版の軍事パレードにおけるフィリップ王(2018年7月21日)
在位 2013年7月21日

全名 Philippe Léopold Louis Marie
フィリップ・レオポルド・ルイ・マリー
出生 (1960-04-15) 1960年4月15日(59歳)
ベルギーの旗 ベルギーブリュッセル市
配偶者 マティルド・デュデケム・ダコ
子女 エリザベート
ガブリエル
エマニュエル
エレオノール
王家 ベルジック家
父親 アルベール2世
母親 パオラ・ルッフォ・ディ・カラブリア
宗教 キリスト教カトリック教会
サイン Philippe of Belgium signature.svg
テンプレートを表示
ベルギー王室
Middle coat of arms of Belgium.svg


フィリップフランス語Philippe Léopold Louis Marie, オランダ語:Filips Leopold Lodewijk Maria、 (1960-04-15) 1960年4月15日(59歳) - )は、ベルギーの国王(在位2013年7月21日 - )。アルベール2世パオラ王妃の長子で、妹にアストリッド王女、弟にロラン王子がいる。

来歴[編集]

2013年、アントワープにて

はじめイギリスのオックスフォード大学トリニティ・カレッジに留学、その後アメリカのスタンフォード大学大学院に留学した。

帰国後の1980年に空軍中尉に任官。空挺部隊などに配属した後、1989年空軍大佐に進級。2001年にはベルギー・空3軍の少将に進級した。

1999年12月4日、デュデケム・ダコ伯爵令嬢マティルドと結婚した。

2004年、ベルギー北部のフランデレン地域の独立を目指すフラームス・ベランフを念頭に置いて「一部の政党は、国をばらばらにしたいと考えている。彼らは私を相手にすることになるだろう。私は恐ろしくもなれる。油断はしない」と語り、同党支持者を怒らせたことがある[1]

2013年7月3日、父アルベール2世は7月21日の建国記念日をもってフィリップ王子に譲位すると表明した[2]。当日、アルベール2世の退位布告への署名の後、フィリップは即位の宣誓を行い、予定通り第7代ベルギー国王に即位した[3]

用心深く付き合いづらい性格といわれ、言語戦争とも呼ばれる国内の分離独立運動に対しては、寛大で友好的だった父アルベール2世のような政治的手腕を発揮できないのではという指摘もある[1]。アルベール2世が譲位に踏み切った背景には、国王としての年齢的な理由もさることながら、まだ自身の目の黒いうちに政治に関する経験の浅いフィリップに少しでも多くの政治経験を積ませるための配慮があり、2014年に予定されている次の総選挙の1年前というタイミングを選ぶに至ったとみる向きもある[4]

日本との関係[編集]

ブリュッセルで行われた1999年12月の成婚式には、日本から皇太子徳仁親王と同雅子妃が参列している。

2002年6月には夫妻で来日し、FIFAワールドカップ日本代表ベルギー代表戦(埼玉スタジアム2002)を皇太子夫妻とともに観戦した[5]

2005年6月には愛・地球博賓客として来日した[6]

2012年6月に300人のベルギー人ビジネスマンを連れて夫妻で来日、日本とベルギーの経済関係の強化の働きかけを行ったほか、マティルド妃は東日本大震災の被災地宮城県を訪問した[7]

2016年10月11日から14日まで、マチルド王妃とともに国王として初来日(国賓)[8]

子女[編集]

栄典[編集]

外国[編集]

イザベル・ラ・カトリカ
イザベル・ラ・カトリカ騎士団スペイン語版員としての紋章
セラフィム
セラフィム騎士団英語版員としての紋章

脚注[編集]

[ヘルプ]