フィリッポ・グラニャーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フィリッポ・グラニャーニ (Filippo Gragnani1768年9月3日 – 1820年7月28日) は、イタリア作曲家ギタリストグラグナーニとも表記する。

略歴[編集]

The burial place of Filippo Gragnani.
サン・マルティーノ・ディ・サルヴィアーノ教会の記録によると、グラニャーニはこの教会に埋葬されている

著名なヴァイオリン製作家音楽家であるアントニオ・グラニャーニ英語版の息子として、イタリアのリヴォルノに産まれた[1]。彼は生まれ故郷のリヴォルノで、ジュリオ・マリア・ルチェッシ英語版に師事して音楽を学び、初めはヴァイオリン、のちにクラシック・ギターを学んだ。

19世紀初めに、グラニャーニはリコルディやモンジーノといったミラノの楽譜出版社から、ギターと室内楽のための作品を出版した。そのころに彼はドイツパリに旅行し、1810年にはパリに移住した。そこで彼はギタリスト・作曲家のフェルディナンド・カルッリと親交を持ち[2]、のちにグラニャーニはカルッリに3つのギター曲を献呈している[3][4]

1812年以降のグラニャーニについてはあまり資料が残っていないが、サン・マルティーノ・ディ・サルヴィアーノ教会の過去帳(Registro dei Morti)によると、彼は1820年7月28日に亡くなった[4]

作品[編集]

20曲ほどが知られ、うち15曲には作品番号(Opus)が付与されている。

  • Tre Sonate
  • Tre Duetti
  • Sinfonia
  • Sonata Sentimentale
  • Tre Divertimenti
  • Tre Duetti
  • Trois Duos, Op. 1
  • Trois Duos, Op. 2
  • Trois Duos, Op. 3
  • Trois Duos, Op. 4
  • Fantasia (solo guitar), Op. 5
  • Opus 6
    • Tre Sonatine e un Tema con Variazioni, Op. 6
    • Trois Duos, Op. 6
  • Trois Duos, Op. 7
  • Opus 8
    • Tre Dui (for violin and guitar), Op. 8
    • Quartetto for clarinet, violin, and two guitars, Op. 8
  • Sestetto (for flute, clarinet, violin, 2 guitars & cello in A major), Op. 9
  • Variazioni, Op. 10
  • Trois Exercices, Op. 11
  • Trio (for three guitars), Op. 12
  • Trio (for flute, violin and guitar), Op. 13
  • Trois Duos, Op. 14
  • Opus 15
    • Sonata Sentimentale (solo guitar), Op. 15
    • Divertimenti (solo guitar), Op. 15

脚注[編集]

  1. ^ Guitar Composers of the Classical and Early Romantic Period Circa 1780-1900
  2. ^ Handbook of Guitar and Lute Composers By Hannu Annala, Heiki Mätlik (see article on Carulli)
  3. ^ Dolmetsch Online
  4. ^ a b ClassicalGuitarist.nl”. 2012年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。

楽譜[編集]