フィルス (2013年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィルス
Filth
監督 ジョン・S・ベアード
脚本 ジョン・S・ベアード
原作 アーヴィン・ウェルシュ
製作 ケン・マーシャル
製作総指揮 マーク・ハンセル
出演者 ジェームズ・マカヴォイ
ジェイミー・ベル
イモージェン・プーツ
ジョアンヌ・フロガット
音楽 クリント・マンセル
撮影 マシュー・ジェンセン
編集 マーク・エカーズリー
製作会社 Steel Mill Pictures
Logie Pictures
Altitude Film Entertainment
Egoli Tossell Film
Entre Chien et Loup
Film i Väst
Filmgate Films
Maven Pictures
配給 イギリスの旗 ライオンズゲート
日本の旗 アップリンク/パルコ
公開 イギリスの旗 2013年10月4日
日本の旗 2013年11月16日
上映時間 97分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 £3,000,000[1]
興行収入 世界の旗$8,334,411[2]
イギリスの旗 $6,231,007[2]
テンプレートを表示

フィルス』(Filth)は、2013年イギリス犯罪コメディ映画ジョン・S・ベアード監督作品。

第6回したまちコメディ映画祭in台東の特別招待作品として、イギリス本国よりも先に、日本で世界最速で公開された。

概要[編集]

トレインスポッティングの原作者であるアーヴィン・ウェルシュの同名小説を映画化したクライム・コメディ作品。 クリスマススコットランドを舞台に、日本人留学生殺人事件が起こり、スコットランド警察の刑事ブルース・ロバートソンが捜査の指揮を執ることになり、何でもありのイカれた出世レースがはじまる。この小説の作者であるアーヴィン・ウェルシュも端役で出演したが、編集の段階でカットされた。

ストーリー[編集]

スコットランドの刑事ブルース・ロバートソンの妻キャロルは、夫の昇進を強く望んでいた。そんな年末のクリスマス・シーズンに発生した日本人留学生殺人事件をきっかけに、コカイン中毒のブルースは出世を目論むが、酒やドラッグに溺れ、錯乱状態の彼の素行は次第にエスカレートしていき、事態は一変し、衝撃のクライマックスを迎える。

キャスト[編集]

サウンドトラック[編集]

  1. Robbo’s Theme - クリント・マンセル
  2. Will You Still Love Me Tomorrow - ザ・シュレルズ
  3. Love Really Hurts Without You - ビリー・オーシャン
  4. Silver Lady - デヴィッド・ソウル
  5. It’s All Over Me - オーティス・ブラックウェル
  6. Born To Be Wild - ウィルソン・ピケット
  7. Supermarket Emptiness - クリント・マンセル
  8. Creep - クリント・マンセル&ココ・サマー
  9. Dr Love - トム・ジョーンズ
  10. Mercy - ザ・サード・ディグリー
  11. Back Door Santa - クラレンス・カーター

参考文献[編集]