フィル・X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フィル・XPhil X、本名:Phil Theofilos Xenidis フィル・セオフィロス・セニディス 1966年3月10日 - )はカナダオンタリオ州出身のギリシャ系カナダ人のミュージシャン・ソングライター。2013年よりロックバンド・ボン・ジョヴィの前ギタリスト、リッチー・サンボラに代わりバンドに参加。当初は正式メンバーではなかったが、2016年、ベーシストのヒュー・マクドナルドと共に正式メンバーとなった。ボン・ジョヴィの13枚目のスタジオアルバム『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』に、リードギタリストとして参加した。

人物[編集]

オンタリオ州トロントに生まれ、ミシサガにて育つ。5歳にてギターを始める。

来歴[編集]

1982年、ハードロック・ヘヴィメタルバンド・Sidinex(フィルの名字を逆から綴ったもの)を結成。1985年、EP盤・Forever Youngをリリース。1987年にバンド名をFlip Cityに変えるが、間もなく解散。

1990年、アルド・ノヴァを通じて知り合ったランディ・コーヴェンとのツアーのオファーを受ける。1991年にはアルド・ノヴァのアメリカツアーに参加。1992年から1993年にかけてトライアンフに参加、Edge of Excessのレコーディングおよびツアーに参加。

1994年、短期間ではあったもののオンタリオ州ミシサガにてThe Bushdoctorsと活動。セルフタイトルのデビューアルバム1枚をレコーディング。

ボン・ジョヴィ[編集]

2011年、リードギタリストのリッチー・サンボラがアルコール依存症のリハビリに入るため、フィルは4月30日ニューオーリンズから5月22日セントルイス公演までの計13公演に代役として参加。2013年、ビコーズ・ウィ・キャン・ツアーの4月2日カルガリー公演より「個人的な理由」により突如ツアーを離脱したリッチーの代役として、翌4月3日エドモントン公演よりツアーに参加。北米南アフリカヨーロッパ中南米日本オーストラリアレグ、計82公演を務めた。リッチー・サンボラの代役としてバンドに参加したことを、後に「(リッチーが)抜けた穴を埋めるというより、バンドを助ける思いだった」と振り返っている。

2016年、アルバム『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』に参加し、フィルは長年サポートメンバーであったベーシストのヒュー・マクドナルドと共に正式にボン・ジョヴィのメンバーとなった。

私生活[編集]

フィルは最初の妻ニネット・セニディスと1994年に結婚、2010年に離婚。2013年、リンディ・グリーンと再婚、一男一女をもうける。

脚注[編集]

[ヘルプ]