フィレンツェ=ペレトラ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィレンツェ=ペレトラ空港
Aeroporto di Firenze-Peretola
Florence - Peretola (Amerigo Vespucci) (FLR - LIRQ) AN0591245.jpg
IATA: FLR - ICAO: LIRQ
概要
国・地域 イタリアの旗 イタリア
所在地 セスト・フィオレンティーノ
母都市 フィレンツェ
種類 民間用
運営者 Aeroporto di Firenze
標高 44 m
座標 北緯43度48分35秒 東経11度12分14秒 / 北緯43.80972度 東経11.20389度 / 43.80972; 11.20389座標: 北緯43度48分35秒 東経11度12分14秒 / 北緯43.80972度 東経11.20389度 / 43.80972; 11.20389
地図
イタリアの空港位置図
イタリアの空港位置図
FLR
イタリアの空港位置図
滑走路
方向 長さ (m) 表面
05/23 1,750 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

フィレンツェ=ペレトラ空港(イタリア語: Aeroporto di Firenze-Peretola, (IATA: FLRICAO: LIRQ))は、イタリアフィレンツェの近郊セスト・フィオレンティーノにある空港

概要[編集]

ターミナル内

世界的な観光都市であるフィレンツェの近郊にあることから、フィレンツェの空の玄関口として機能しており、トスカーナ州ではガリレオ・ガリレイ国際空港に次いで2番目に大きな空港である。

2013年の利用客は約198万人。探検家の名を冠してアメリゴ・ヴェスプッチ空港とも称する。

空港及びターミナルの規模が小さいため、ボーディングブリッジは設けられていない。また、滑走路長の制限からボーイング737エアバスA320エンブラエル190アブロRJ70クラスの小型機のヨーロッパ域内からの乗り入れが中心である。

就航会社と就航地[編集]

航空会社就航地
イタリアの旗 アリタリア航空 ローマ・フィウミチーノ
イタリアの旗 エア・ドロミティ ミュンヘン
フランスの旗 エールフランス パリ・シャルル・ド・ゴール
オーストリアの旗 オーストリア航空 ウィーン
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン・シティ
ベルギーの旗 ブリュッセル航空 ブリュッセル
アイルランドの旗 シティジェット ロンドン・シティ
スイスの旗 ダーウィン・エアライン チューリッヒ, ジュネーヴ
イギリスの旗 Flybe バーミンガム
フランスの旗 オップ! リヨン
オランダの旗 KLMオランダ航空 アムステルダム
ドイツの旗 ルフトハンザ・リージョナル フランクフルト, ミュンヘン
オーストリアの旗 ニキ航空 ウィーン
スイスの旗 スイス インターナショナル エアラインズ チューリッヒ
スペインの旗 ブエリング航空 バルセロナ・エル・プラット, カリアリ, カターニャ, ロンドン・ガトウィック, パレルモ, パリ・オルリー

ターミナル[編集]

ターミナル内にはレストランバー免税店航空会社クレジットカード会員向けのラウンジなどが設けられている。2015年以降バリアフリー化を中心とした改良工事が行われている。ボーディングブリッジは設けられておらず、バスもしくは徒歩での移動となる。

アクセス[編集]

フィレンツェ市内中心部とは車で20分-30分程度の距離である。鉄道は乗り入れていないものの、路線バスやタクシーハイヤーなどで市内中心部に出るのが一般的である。また、空港内と主要レンタカー会社のカウンターが集まる駐車場を結ぶバスが10分-20分に1回巡回している。

脚注[編集]