フィンランド白薔薇勲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィンランド白薔薇勲章
Suomen Valkoisen Ruusun ritarikunta
Commander of the Order of the White Rose of Finland.JPG
 フィンランドによる賞
種別 勲章
歴史・統計
創設 1919年1月28日
序列
上位 自由十字勲章
下位 フィンランド獅子勲章
Whiterosediploma.jpg
フィンランド白薔薇勲章証書

フィンランド白薔薇勲章(フィンランドしろばらくんしょう、フィンランド語: Suomen Valkoisen Ruusun ritarikunta)は、フィンランド勲章

概要[編集]

フィンランド国内で自由十字勲章、フィンランド獅子勲章と並び称される勲章である。フィンランド白薔薇勲章は文官・武官問わず大統領により授けられるが、高位勲章であるため選定会議には大統領の他に首相、副首相などが招かれ、受章にふさわしいか協議される。

フィンランド白薔薇勲章の歴史は古く、1919年1月28日に時の摂政であったカール・グスタフ・エミール・マンネルヘイムによって制定された。名称はフィンランドの国章に散りばめられている9つの白薔薇に由来する。1919年5月16日に受章資格が作成されたが途中改変され、現行のものは1940年6月1日に設けられた。

アクセリ・ガッレン=カッレラによってデザインされたフィンランド白薔薇勲章には当初ハカリスティが入っていたが、1963年モミの葉に置き換えられた。

等級[編集]

現在の最高位は頸飾である。

略綬
FIN Order of the White Rose Grand Cross BAR.png
グランド・クロス
(頸飾あり)
FIN Order of the White Rose Grand Cross BAR.png
グランド・クロス
(頸飾なし)
FIN Order of the White Rose Commander 1st Class BAR.png
ファーストクラス・
コマンダー
FIN Order of the White Rose Commander BAR.png
コマンダー
FIN Order of the White Rose Knight 1st Class BAR.png
ファーストクラス・
ナイト
Order of the White Rose Ribbon.PNG
ナイト
FIN Cross of Merit of the Order of the White Rose BAR.png
メリット
FIN Medal 1st Class of the Order of the White Rose BAR.png
ファーストクラス・
メダル(金十字あり)
FIN Medal 2nd Class of the Order of the White Rose BAR.png
ファーストクラス・
メダル(金十字なし)
FIN Medal 3rd Class of the Order of the White Rose BAR.png
メダル

受章者[編集]

最高位であるフィンランド白薔薇勲章頸飾は、ネパール王国ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハユーゴスラヴィアヨシップ・ブロズ・チトーフランスシャルル・ド・ゴールなど、原則として各国の国家元首に授けられる。

また、かつては現行の最高位であるフィンランド白薔薇勲章頸飾よりも上位の「宝飾・剣付フィンランド白薔薇勲章頸飾」が存在したが、その受章者はマンネルヘイム一人だけである。