フィールド・オブ・ドリームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フィールド・オブ・ドリームス
Field of Dreams
Fields of Dreams opening title.jpg
監督 フィル・アルデン・ロビンソン
脚本 フィル・アルデン・ロビンソン
原作 ウイリアム・パトリック・キンセラ
シューレス・ジョー
製作 ローレンス・ゴードン
チャールズ・ゴードン
製作総指揮 ブライアン・E・フランキッシュ
出演者 ケヴィン・コスナー
エイミー・マディガン
レイ・リオッタ
ジェームズ・アール・ジョーンズ
バート・ランカスター
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ジョン・リンドリー
編集 イアン・クラフォード
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年4月21日
日本の旗 1990年3月24日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $84,431,625[1]
配給収入 日本の旗 11億円[2]
テンプレートを表示

フィールド・オブ・ドリームス』(Field of Dreams)は、1989年公開のアメリカ合衆国の映画。製作会社はユニバーサル・ピクチャーズで、ウイリアム・パトリック・キンセラの小説『シューレス・ジョー』を原作にフィル・アルデン・ロビンソンが監督と脚色を兼任。野球を題材に、60年代をキーワードとして夢や希望、家族の絆といった、アメリカで讃えられる美徳を描き上げたファンタジー映画である。

特に野球が広く親しまれている国においてヒットし、アメリカでは第62回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、作曲賞にノミネートされた。また日本では、第33回ブルーリボン賞第14回日本アカデミー賞で最優秀外国語作品賞を受賞。全世界で8つのノミネートを受け5つの受賞を果たしたがそのうち4つは日本の映画賞である。

あらすじ[編集]

アイオワ州の田舎町に住むレイ・キンセラは農業でなんとか家計をやりくりする、一見普通の貧乏農家。ただ、若い頃に父親と口論の末に家を飛び出し、以来生涯に一度も父の顔を見る事も、口をきく事すらもなかった事を心の隅で悔やんでいる。

ある日の夕方、彼はトウモロコシ畑を歩いているとふと謎の声[注 1]を耳にする。その言葉から強い力を感じ取った彼は家族の支持のもと、周囲の人々があざ笑うのをよそに、何かに取り憑かれたように生活の糧であるトウモロコシ畑を切り開き、小さな野球場を造り上げる。

その後しばらく何も起きなかったが、ある日の晩、娘が夕闇に動く人影を球場に見つける。そこにいたのは1919年のブラックソックス事件で球界を永久追放され、失意のうちに生涯を終えた"シューレス"・ジョー・ジャクソンだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
DVD VHS 日本テレビ
レイ・キンセラ ケヴィン・コスナー 津嘉山正種
アニー・キンセラ エイミー・マディガン 小宮和枝 一柳みる 松金よね子
カリン・キンセラ ギャビー・ホフマン 坂本真綾 宝田絢子 小島幸子
シューレス・ジョー・ジャクソン レイ・リオッタ 石塚運昇 池田秀一 菅生隆之
マーク ティモシー・バスフィールド英語版 秋元羊介 千田光男 有本欽隆
テレンス・マン ジェームズ・アール・ジョーンズ 加藤正之 坂口芳貞 小林修
Dr.アーチボルト・"ムーンライト"・グラハム バート・ランカスター 大木民夫 鈴木瑞穂
アーチー・グラハム フランク・ホエーリー 松本保典 堀内賢雄
ジョン・キンセラ ドワイヤー・ブラウン英語版 大塚芳忠 沢木郁也 池田秀一
バック・ウィーヴァー英語版 マイケル・ミルホーン英語版 福田信昭
エディ・シーコット スティーヴ・イースティン英語版 福田信昭 青野武
スウィード・リスバーグ英語版 チャールズ・ホイエス 幹本雄之 若本規夫
チック・ギャンディル アート・ラフルー 筈見純 郷里大輔
演出:蕨南勝之、翻訳:武満真樹、日本語版制作:ニュージャパンフィルム                              
演出:蕨南勝之、翻訳:たかしまちせこ、制作:ニュージャパンフィルム

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

劇中に登場する野球場

学術的参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 'If you build it, he will come.' 「それを造れば、彼が来る」
  2. ^ テレビ東京午後のロードショー』での放送における日本語吹替においては、DVD版や日本テレビ版の音源が使用されておらず、VHS版の音源が使用された。
  3. ^ 公式サイト等では2時間枠での再放送短縮カット版が収録される旨が表記されていたが、実際には初回放送ノーカット版が収録された。

出典[編集]

  1. ^ Field of Dreams”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月23日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)494頁
  3. ^ 映画『フィールド・オブ・ドリームス』の舞台でMLB公式戦開催へ”. AFP BB News. 株式会社クリエイティヴ・リンク (2019年8月9日). 2021年3月22日閲覧。
  4. ^ 大リーグ、映画舞台のカード変更 フィールド・オブ・ドリームス”. 山陽新聞デジタル さんデジ. 山陽新聞 (2020年7月2日). 2021年3月22日閲覧。
  5. ^ Report: MLB Cancels ‘Field of Dreams’ Game Between White Sox, Cardinals” (英語). NBC Chicago. NBCUniversal Media (2020年8月3日). 2021年3月22日閲覧。
  6. ^ 石津文子 [@ayakostonez] (10 June 2017). "「バタリアン」当時はまだ私は入社してませんが、音へのこだわりはあったかも。私が入った頃も基本はジャンル問わず邦題ありきでしたが、一度は決まったものの社内外から反対くらって、ポスター作る前にひっくり返ったのは「とうもろこし畑のキャッチボール」ですね。以降、原題生かしが増えました。" (ツイート). Twitterより2021年3月22日閲覧
  7. ^ ドートマンダーに手を出すな! [@dortmunder_k] (20 September 2013). "あれって日本公開前の一時期『とうもろこし畑のキャッチボール』って邦題がついてたんですよね…ソースはそのタイトルで機内用吹替版の台本を作っちゃった俺。" (ツイート). Twitterより2021年3月22日閲覧