フェアウェル さらば、哀しみのスパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フェアウェル
さらば、哀しみのスパイ
L'Affaire Farewell
監督 クリスチャン・カリオン
脚本 クリスチャン・カリオン
エリック・レイノー
製作 クリストフ・ロシニョン
ベルトラン・フェヴル
フィリップ・ボエファール
製作総指揮 エーヴ・マシュエル
出演者 エミール・クストリッツァ
ギョーム・カネ
音楽 クリント・マンセル
撮影 ウォルター・ヴァンデン・エンデ
編集 アンドレア・セドラツコヴァ
配給 日本の旗 ロングライド
公開 フランスの旗 2009年9月23日
日本の旗 2010年7月31日
上映時間 113分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
ロシア語
英語
製作費 €17,500,000(見積値)[1]
テンプレートを表示

フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』(フェアウェル さらば かなしみのスパイ、L'Affaire Farewell)は、2009年フランススパイ映画ソビエト連邦の崩壊のきっかけとなった「フェアウェル事件」を題材としている。原作(原案)はセルゲイ・コスティンの1997年の著書『Bonjour Farewell』。

タイトルにもなっている「フェアウェル」は主人公のコードネーム

ストーリー[編集]

1981年のモスクワ。セルゲイ・グリゴリエフ大佐はKGBの幹部で、家族と共に裕福な暮らしを送っていた。だがそんな彼は祖国が衰退の一途を辿り、西側諸国に引き離されていることに危機感を持っていた。そこで彼は、フランス人家電メーカー技師のピエールを通じてフランスのスパイに接触を図り、情報を流して現体制打破を目指す。

キャスト[編集]

製作[編集]

これまで撮影許可が下りなかったというエリゼ宮殿で撮影が行われた[3]

脚注[編集]

  1. ^ L'affaire Farewell (2009) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年6月8日閲覧。
  2. ^ モデルはウラジミール・ヴェトロフen:Vladimir Vetrov, 1932-1985)。
  3. ^ ソ連崩壊のきっかけとなったスパイの実話を描いた衝撃作を先取りで”. RBB TODAY (2010年7月15日). 2010年7月30日閲覧。