フェアリー ジェット・ジャイロダイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フェアリー ジェットジャイロダイン

フェアリー ジェット・ジャイロダインFairey Jet Gyrodyne)は、イギリスフェアリー社の開発によるヘリコプターにジャイロダインとオートジャイロの特徴を組み込んだ実験機。

設計と開発[編集]

ジェット・ジャイロダインは試作機であるフェアリー FB-1 ジャイロダイン英語版の2番機を改良した物だった。ジェット・ジャイロダインはレシプロエンジンにより圧縮機を駆動し、作成した圧縮空気にレシプロエンジンと共通の燃料を噴射し点火、回転翼から噴出する事によって回転翼を回転させていた。この方法はフェアリー ロートダインにも用いられている。 ( アフターバーナー式・冷風チップジェット 、チップバーナー式 )

ヘリコプター型の操縦席を持つ航空機である。エンジンはアルヴィス レオニデス英語版9気筒星型エンジンを搭載していた。エンジンの上には2枚の羽根があった。反動を打ち消す為のテールローターは無く、2枚の短い翼があり、3車輪式だった。

要目[編集]

出典:British Aircraft Director[1]

諸元
  • 全長:7.6 m(25 ft)
  • ローター直径:15.8 m(51 ft 9 in)
  • 全高:3.1 m(10 ft 2 in)
  • 空虚重量:1,600 kg(3,600 lb)
  • 運用時重量:2,200 kg(4,800 lb)
  • エンジン:
    • wingtip compressed air/fuel burning × 2
    • アルヴィス レオニデス 空冷星型9気筒レシプロ × 1
      • プロペラ:3翅、エンジンあたり2基
性能
  • 最大速度:224 km/h(140 mph、120 kn)

関連項目[編集]

出典[編集]

文献
  • Charnov, Dr. Bruce H. The Fairey Rotodyne: An Idea Whose Time Has Come - Again? (Based on Charnov, Dr. Bruce H. From Autogiro to Gyroplane: The Amazing Survival of an Aviation Technology. Westport, Connecticut: Praeger Publishers, 2003. ISBN 978-1567205039.) Detailed History Access date: 18 May 2007.
  • Green, William and Pollinger, Gerald. The Observer's Book of Aircraft, 1958 edition. London: Fredrick Warne & Co. Ltd., 1958.
  • Taylor, H.A. Fairey Aircraft since 1915. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press, 1974. ISBN 0-87021-208-7.
  • Winchester, Jim, ed. "Fairey Rotodyne." Concept Aircraft (The Aviation Factfile). Rochester, Kent, UK: Grange Books plc, 2005. ISBN 1-84013-809-2.
ウェブサイト
  1. ^ "Fairey Gyrodyne". British Aircraft Directory. 13 August 2006. "Fairey Gyrodyne." British Aircraft Directory. Retrieved: 18 August 2006.