フェイク (Mr.Childrenの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Mr.Children > フェイク (Mr.Childrenの曲)
フェイク
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『HOME
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
Mr.Children
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2007年2月度月間1位(オリコン)
  • 2007年度上半期6位(オリコン)
  • 2007年度年間12位(オリコン)
  • Mr.Children シングル 年表
    しるし
    2006年
    フェイク
    (2007年)
    旅立ちの唄
    (2007年)
    HOME 収録曲
    やわらかい風
    (8)
    フェイク
    (9)
    ポケット カスタネット
    (10)
    ミュージックビデオ
    「フェイク」
    - YouTube
    テンプレートを表示

    フェイク」は、日本のバンドMr.Childrenの30枚目のシングルである。2007年1月24日に40万枚限定でトイズファクトリーより発売された。

    概要[編集]

    前作から約2ヵ月ぶりのシングルで、11枚目のシングル「花 -Mémento-Mori-」以来19作ぶりとなる1曲のみ収録の500円シングルである。また、本作は40万枚限定生産となっており、現在は廃盤となっている。限定生産はライブアルバム『1/42』以来となる。

    ジャケットは女性が口を大きく開けて舌を出しているというもので、「フェイク」の「ェ」の文字だけがゴシック体であり、それ以外の文字は明朝体となっている。裏側は文字が反転していて、女性の口が偽物(フェイク)になっている。アートディレクターは丹下紘希

    チャート成績[編集]

    オリコンシングルチャートで5枚目の「innocent world」から26作連続初登場1位を獲得した。シングル1位獲得数は松田聖子(25作)を抜き、B'z(38作、当時)、浜崎あゆみ(27作、当時)に次ぐ歴代3位となった。限定生産シングルの1位獲得は「feel」(倖田來未)以来、約1年ぶりである。

    収録曲[編集]

    1. フェイク [9:49]
      東宝系映画『どろろ』主題歌。書き下ろしとなっている。
      曲終了後、約30秒間の無音の後にシークレットトラックとして約4分のインストゥルメンタルが収録されており、トラック上はこれを含めて1曲となっている。Mr.Childrenの作品でシークレットトラックが収録されたのは今回が初となる。配信版のシングルでは、シークレットの部分は削除されている。
      the pillowsとのZeppツアーで「しるし」と共に初披露された。
      ミュージック・ビデオの監督は前作に引き続いて丹下紘希が務めており、メンバー全員がミュージック・ビデオに出演するのは「Worlds end」以来。2012年5月10日発売の『Mr.Children 2005-2010 <macro>』の初回限定盤、2018年3月21日発売の『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。PVはこれとは別に『どろろ』バージョンも存在しており、主に『どろろ』公開中に流されていた。
      テレビでの披露は3月11日の『Music Lovers』でのみ行われた。

    ライブ映像作品[編集]

    作品名 備考
    HOME 初回限定盤のDVDに収録。
    Mr.Children HOME TOUR 2007
    Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-
    ap bank fes '08
    Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜
    Mr.Children Tour 2011 SENSE
    MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012
    Mr.Children Stadium Tour 2015 未完

    収録アルバム[編集]