フェイズシフト装甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フェイズシフト装甲(フェイズシフトそうこう、Phase Shift Armor)は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の装甲技術である。

本稿ではトランスフェイズ装甲ヴァリアブルフェイズシフト装甲の概要も記述する。

概要[編集]

フェイズシフト装甲PS装甲Phase Shift Armor)は、一定の電圧電流を流すことで相転移する特殊な金属でできた装甲である。このことから相転移装甲とも呼ばれ、相転移した装甲は一定のエネルギーを消費することにより、物理的な衝撃を無効化する効果がある[1]。この金属は相転移にともない装甲面の分子配列が変わり、も変化する性質がある[2]。通電することにより非通電時のディアクティブモードといわれるメタリックグレーの装甲色が有彩色化する[3]。また。相転移時の色は装甲に掛けられた電圧の供給率、装甲部材の微細な差異によって決まる[2]。装甲を相転移させることを「フェイズシフトを展開する」と表現することもある。

PS装甲を持つモビルスーツ (MS) の防御力は、砲熕兵器としては最大の貫通力を有するレールガン(=リニアガン)の直撃や、数百万Gの加重にも耐える程であり[注 1]、実体弾であればほぼ完全に無力化することができる[3]。また、耐熱性も向上し、MSであれば大気圏突入時の熱に耐用する[注 2]。また、通常装甲よりもビーム攻撃に対する耐久性も増し[5]、威力の低いビームマシンガンなどのビーム兵器の直撃に耐えることができる[6][注 3]。また、従来の重装甲化措置に比べ重量増による機動性の低下が発生し辛いため、防御力と機動力の両立も可能なシステムといえる[1]

劇中描写を見る限り、相転移を起こしている状態の装甲に人体が直接触れても問題(感電や有毒物など)はないようである。

欠点・弱点[編集]

一方、装甲の相転移(=防御力)を維持するためには装甲に電流を流し続ける必要があり、搭載機のエネルギー消費が早くなり稼働時間を大幅に短縮してしまう[1]。特に被弾の瞬間は平常時以上に電力を消費し、被弾回数に応じて機体の稼働時間も短縮される[8]。機体のエネルギーが切れて相転移を維持出来なくなると装甲の色もメタリックグレーに戻ってしまう。この状態をフェイズシフトダウンと呼び、それにより外見からエネルギー切れが露呈してしまうという欠点もある[1]。根本的なエネルギー問題を解決するには核動力及びその複合動力に頼るしかなく、TP装甲ほど複雑でなくエネルギー問題もある程度解消したVPS装甲が開発されても、特殊な動力を持つスペシャル機や試作機への採用のみで、他ガンダム作品のガンダリウム合金ガンダニュウム合金が技術発展で量産兵器にも使用できたのに対して、結局通常のバッテリーのみで動くダガーやニューミレニアムシリーズなど主力量産兵器の装甲材としては採用されなかった。

生産コスト・製造技術難易度も通常装甲に比べて高いとされているが、素材の大量生産自体は、作中で巨大なガンマ線レーザー施設ジェネシス及びそのプロトタイプジェネシスαをPS素材で建造(装甲だけでなく構造体全て)していることや、核動力が制限されていなかった頃のザク量産試作型が47機製造されていることからも不可能ではない。

大気圏突入時の熱に対しては、コクピット内や機体内部の温度上昇までは抑えられるわけではなく、機体の姿勢制御や着陸に失敗すれば大気圏突入時の熱や落下時の衝撃でパイロットの死亡や機体の大破を招く危険がある。関節部分や推進器の基部、カメラなど、構造上装甲で覆うことが不可能な部分までカバーできない点は従来の装甲と同様である。それゆえ、バスターのように高高度からの落下により背面から地面に叩きつけられるなどした場合、装甲は破損せずとも関節部が破損して稼動不能に陥ることもありうる。同様に、ミサイルや剣など実体兵器による攻撃に対しても、装甲の破損は防げてもその内部に与える衝撃までは相殺できない[9]

また、上記のようにビームに対しては熱耐性により通常装甲よりもある程度高い耐久性を持つが、G兵器のビームライフルのような高出力のビーム兵器の直撃に耐えることはできない。コズミック・イラにおいては複数の対ビームコーティングも存在するが、PS装甲と併用した場合、その寿命を縮める事から推奨はされていない[10]。ただし、CE73年においてはザフトがセカンドステージのアビスの両肩部シールドにおいて、VPS装甲と対ビームコーティングの両立を行っている[11]。後付けではあるがレールガンすら超える物理的攻撃ならば破壊も可能であり、試験レベルでは、グフクラッシャーのインパクトバイスによる粉砕、ネロブリッツの可変アームユニットによる握砕が可能とされている。実戦ではライゴウガンダムのコクピットVPS装甲が、アストレイ ブルーフレームサードの大型ソードによって初めて破壊された(インパルスのエクスカリバーレーザー対艦刀によるフリーダム破壊時はシンの操縦技術により、切っ先にビームを出力しているためビーム破壊である[12])。また、ゲイルストライクのウイングソーは予め対象の装甲データが解っている場合に限り、材質に合わせた高周波振動でPS装甲を切断できる[13]

実弾射撃兵器においては、方法は不明だがストライクルージュに装備されたオオトリのレールガンはPS装甲を破壊できるとされている[14][注 4]。また、こちらも詳細は不明だが、リニアガン・タンクにもPS装甲に対応したタンデム弾頭の開発が試みられていたようである。

各国での実用化[編集]

PS装甲は元々、アドヴァンスト・スペース・ダイナミック社で研究が行われ[15]、『大西洋連邦ヘブンアイランド技術研究所』におけるマリュー・ラミアス大尉の主導のもとで開発を進行し、大西洋連邦において初めて実用化に成功した。オーブ連合首長国と共同開発したMS・G兵器の装甲として実用化された。理論的には以前から存在していた技術だったが、それまで正式採用されなかった理由は不明。また、装甲材となる金属は無重力、またはそれに準じた低重力環境でしか精製が不可能である[16]

プラントは奪取したG兵器を解析することでPS装甲を実用化し、MSに搭載した。その際、搭載機に核エンジン、およびNジャマーキャンセラーを搭載することでPS装甲の電源を確保し、搭載機の稼動時間短縮の弱点を解消すると同時にビーム兵器の出力向上などを実現し、MSの総合的な性能向上につながった。また、スペースコロニーサイズの戦略兵器ジェネシスの外装にPS装甲を採用し、高い防御力を実現している。第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において、ジェネシスがクサナギエターナルのビーム兵器による一斉射撃やローエングリンによる陽電子砲を完全に防いでいた。これは、ジェネシスの装甲出力がMSよりはるかに大きいゆえにビーム兵器や陽電子による負荷が拡散して防御できたと解説されている[17]。なお、PS装甲展開時の装甲の色は水色になっている。

大西洋連邦と共にG兵器を開発したオーブでは秘密裏に大西洋連邦の技術を盗用して国産MSを開発する計画を立てており、その内の1つとしてPS装甲の盗用も試みたが、ブラックボックスであるこの技術の解析・模倣は難航し、純国産機での採用は断念した。大戦末期には、ストライクのデッドコピー機ストライクルージュで実用化にこぎ着けている。

民間レベルでは、軍隊への納品を前提とした機体やパーツが軍需産業に関連した企業で生産される程度にとどまり、一般企業では製造コストに見合わないために生産されることはないが、ジャンク屋に回収されたPS部材が市場に出回ることがあり、それを再加工して使用することがある。また、一部傭兵や秘密組織ではコストを度外視し、製造または購入している場合もある。

派生技術[編集]

ストライクフリーダムは、キラ・ヤマトの卓越した反射能力が発揮して生じる高機動性による負荷から機体構造を保護するため、装甲だけではなく機体フレームにもPS装甲材を採用している。並の強度では耐えきれないほどの負荷がフレームに加わった場合、予備電力も活用して瞬間的にフェイズシフトの出力を極大値に引き上げ、フレームが金色に発光して光子の形で負荷を放散する。また、インフィニットジャスティスにも同様の機構が搭載されており、銀色に発光する。そのほか、デスティニーにも人間に近い動きから生じる負荷を軽減するため、PS装甲技術を転用した特殊素材を使用したほぼ同様の機構が搭載されており、アクティブ状態で鈍い金属光に発光する[18]

上記の機体以外にも、PS装甲材を刀身や槍状装備に転用したアストレイ ゴールドフレーム天アストレイ ミラージュフレームなどが存在し、PS装甲材は防御装甲としての用途以外にも幾つかの派生技術が存在する。

トランスフェイズ装甲[編集]

トランスフェイズ装甲(トランスフェイズそうこう、Trance Phase Armor)は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する架空の装甲技術である。

略称はTP (Trans Phase) 装甲。実体弾には圧倒的な防御力を誇るPS装甲であったが、莫大な消費電力やフェイズシフトダウン時の弱体化など、PS装甲自体が弱点に直結している点も見受けられ、特に外見からエネルギー切れを察知されてしまう点は致命的であった。そのため、初期のG兵器の設計が終了した時点で、PS装甲の欠点を補った次世代機の開発が進められた。それがカラミティをはじめとする3機の後期GAT-Xシリーズであり、これらにPS装甲に代わって装備されたのがTP装甲である。

TP装甲は通常装甲の内側にPS装甲を備えた二重構造となっており、内側のPS装甲は外装に内蔵されている圧力センサーに反応があった時のみ、フェイズシフトする。それゆえ、従来のPS装甲のように相転移を常時維持する必要がなく、機体のエネルギー消費量は大幅に軽減されることとなる。また、外側は相転移を起こさない通常の装甲であるため、外見からエネルギー切れが露呈する心配もない[19]

さらに新型GAT-Xシリーズはコクピットやエンジンブロックなどのバイタルパート周辺のみにTP装甲を備えることで、さらなるエネルギー消費の軽減を図っている[20]。これによりエネルギーに余裕ができた機体には、先行開発の5機よりも強力な火器や防御システムが搭載され、全体的な性能の向上につながっている。

PS装甲は生産コストや稼働時間の短縮という点から制式量産機には採用されていないが、電力消費の欠点を克服したTP装甲もGAT-333 レイダー制式仕様など一部の量産機にしか採用されていない。これは105ダガーの説明において、製造コストの問題を解決できなかったことがほのめかされている。

なお、アストレイブルーフレームがセカンドへ改修された際にも、コクピット周辺に同様の二重装甲が組み込まれている。このPS装甲は改修現場で同時に製造中だったストライクルージュ用のものを使用しており、ロウ・ギュールがTP装甲の存在を知らないまま独自に思いついたものである。

ヴァリアブルフェイズシフト装甲[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲(ヴァリアブルフェイズシフトそうこう、Variable Phase Shift Armor)は、アニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の装甲技術である。

略称はVPS (Variable Phase Shift) 装甲。この装甲の従来とは異なる特徴は、装甲に流す電流の量を変化させることが可能な点である。これによって、装備や状況ごとに装甲へのエネルギー配分を調整・最適化することで電力消費のロスを抑えることができる[21]。PS装甲を搭載するに当たり最も重要な課題は、機体の稼働時間を大幅に圧迫するという点である。エネルギー源に核エンジンを搭載すれば容易に解決できる問題ではあるが、ユニウス条約の締結によりそれも不可能になった。しかし、それがこの技術によって可能となった。雛形となったのはストライクルージュに搭載されたPS装甲であり、地球連合によるオーブ侵攻の折に流出した技術がその礎を作った[22]

防御力は装甲に掛かる電圧に比例して変化し、例えばテストメントでは通常時の装甲色は白いが、白兵戦時には耐久性を重視した赤色の高強度状態に移行する[23]。一方で、電力消費を大幅に抑えられるものの大きな強度変化はなされないとする資料も存在する[16]。主な用法は装備に合わせた消費電力の最適化であり、インパルスストライクE(ストライクノワール)、ライゴウガンダム等はこの機能を活用している。一方で、機体側の電圧設定を変えれば機体カラーは自由に変更できるため、バルドフェルド搭乗時のガイアのように専用カラーに置き換えるために用いられるケースも存在する[24][注 5]。加えて、戦闘中に任意で装甲電圧を切り替え、防御力の変更も可能[25]。また、飛行試験の計測用に白いラインをカラーリングしたプロトセイバーや、パイロットの嗜好に合わせて白い十字マークを施したテスタメント[25][注 6]のように、カラーパターンはマーキング目的で細かく行える事が示唆されている[注 7]

民生品[編集]

本来、PS素材は生産に大規模な施設が必要な上に生産コストが高いため、軍用以外には使用されていなかったが、ザフト軍のジェネシスαを接収して本部にしたジャンク屋組合が、ジェネシスαの外壁に使われていたPS装甲を加工して民生品として売り出している。(主な用途は自家用車の耐衝撃フレーム)[27]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ グフクラッシャーの装備するインパクトバイスを炸薬により300万Gの圧搾力で20-30発程連撃すればフェイズシフト装甲といえども粉砕されるという[4]
  2. ^ 「機動戦士ガンダムSEED」アニメーション第13話および第15話(リマスター版14話)参照。
  3. ^ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』では、イライジャ・キールザクファントムがPS装甲によりハイペリオンのビームサブマシンガンを防いでいた[6]。ただし、防御した際には装甲表面に傷が発生し、連続して受け続ければ破壊されるとの記述もある[6]ジェス・リブルベルナデット・ルルーが搭乗するアウトフレームDイルド・ジョラールが搭乗するプロトセイバー+11の戦闘においても、マディガン機専用の複合銃を装備したアウトフレームDの放ったビームがプロトセイバー+11に命中するものの、一撃での破壊には至っていない。ただし、装甲そのものはビームによって貫通され、そのダメージはコクピット付近まで達した[7]
  4. ^ フリーダムのレールガンによるアビスの推進器破壊時に一緒にノズル部分のVPS装甲がダメージを負った場面も存在するが、こちらも理由は不明。
  5. ^ 同様に、VPS装甲の雛形を搭載するストライクルージュの装甲も、電圧調整によってストライク同様のカラーリングに変化する描写が見られた。
  6. ^ カイト・マディガンの搭乗時に追加された
  7. ^ ただし、マディガン搭乗時のテスタメントのように、特定部位のみカラーを変える設定は手間がかかかるという[26]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 上巻』メディアワークス、2004年10月15日初版発行、76-78頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  2. ^ a b 『RG 1/144 エールストライクガンダム』バンダイ、2011年4月発売、組立説明書。
  3. ^ a b 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 上巻』メディアワークス、2004年10月15日初版発行、30-31頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  4. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVOL.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日初版発行、115頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  5. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 上巻 真実を求める者』メディアワークス、2006年7月15日初版発行、161頁。(ISBN 4-8402-3473-6)
  6. ^ a b c 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 1』角川スニーカー文庫、2005年7月1日初版発行、250-252頁。(ISBN 4-04-471701-X)
  7. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 2』角川スニーカー文庫、2006年7月1日初版発行、212頁。(ISBN 4-04-471702-8)
  8. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 5 終わらない明日へ』角川スニーカー文庫、2004年2月1日初版発行、382-383頁。(ISBN 4-04-429105-5)
  9. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 下巻 絆を求める者』メディアワークス、2006年8月15日初版発行、89-92頁。(ISBN 978-4840234986)
  10. ^ 『MG 1/100 ランチャー/ソードストライクガンダム』バンダイ、2008年4月発売、付属説明書。
  11. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻』メディアワークス、2007年10月20日初版発行、30頁。(ISBN 978-4-8402-4058-1)
  12. ^ GUNDAM.info 「MG フォースインパルスガンダム」対談
  13. ^ 『機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY』メディアワークス、2011年9月、187頁。(ISBN 978-4048708579)
  14. ^ 『マスターグレード  1/100 ストライクルージュ オオトリ装備 Ver.RM』バンダイ、2013年9月発売、組立説明書。
  15. ^ 『MG 1/100 エールストライクガンダム』バンダイ、2003年10月発売、取扱説明書。
  16. ^ a b 『パーフェクトグレード MBF-02 ストライクルージュ+スカイグラスパー』バンダイ、2005年8月発売、取扱説明書。
  17. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 下巻』メディアワークス、2004年11月15日初版発行、74-75頁。(ISBN 4-8402-2867-1)
  18. ^ 『1/100 MG デスティニーガンダム エクストリームブラストモード』バンダイ、2007年10月発売、組立説明書。
  19. ^ 『機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア』一迅社 2008年7月1日初版発行 82-83頁。(ISBN 978-4-7580-1108-2)
  20. ^ 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、54頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  21. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、19頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  22. ^ 『HG 1/144 フォースインパルスガンダム』バンダイ、2004年10月発売、組立説明書。
  23. ^ 『ガンダムSEED ASTRAY MASTERS』メディアワークス、2006年5月、112頁。(ISBN 4-8402-3461-2)
  24. ^ 『ハイグレード 1/144 ガイアガンダム (アンドリュー・バルトフェルド専用機) 』バンダイ、2005年8月発売、組立説明書。
  25. ^ a b 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 下巻 絆を求める者』メディアワークス、2006年8月15日初版発行、79頁・125頁。(ISBN 978-4840234986)
  26. ^ 『月刊ガンダムエース』2006年1月号、角川書店、473頁。
  27. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 1』角川スニーカー文庫、2003年9月1日初版発行、104-107頁。(ISBN 4-04-429701-0)

関連項目[編集]