フェイムゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フェイムゲーム
Fame Game Diamond Stakes 2018(IMG1).jpg
2018年ダイヤモンドS
欧字表記 Fame Game[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 青鹿毛[1]
生誕 2010年5月11日(9歳)[1]
抹消日 2018年11月8日
ハーツクライ[1]
ホールオブフェーム[1]
母の父 アレミロード[1]
生国 日本の旗 日本北海道安平町[1]
生産 ノーザンファーム[1]
馬主 サンデーレーシング[1]
調教師 宗像義忠美浦[1]
競走成績
生涯成績 29戦7勝
中央:27戦7勝
海外:2戦0勝[1]
獲得賞金 中央:4億1114万8000円
海外:734万5300円[1]
 
勝ち鞍
GII アルゼンチン共和国杯 2014年
GII 目黒記念 2017年
GIII 京成杯 2013年
GIII ダイヤモンドS 2014年・2015年・2018年
テンプレートを表示

フェイムゲームは、日本競走馬である。馬名の意味は「殿堂入りが決まった選手のセレモニーに開催されるNFLの試合より」[要出典]。主な勝ち鞍は2013年京成杯(GIII)、2014年2015年2018年ダイヤモンドステークス(GIII)、2014年のアルゼンチン共和国杯(GII)、2017年の目黒記念(GII)。

経歴[編集]

2歳[編集]

2012年9月29日中山競馬場芝1800mのメイクデビュー戦でデビュー、3番人気に推されるも直線で伸びず8着に敗れる[2]。続く10月20日東京競馬場芝1600mでの2歳未勝利戦では再び3番人気に推され、今度は直線で出走馬12頭のうち3番目の速さとなる上がり3ハロン34.2秒の脚で少しながらも伸びて5着入線[3]。3戦目となる12月16日の未勝利戦では6番人気と評価を落としながらも、芝2000mの距離適性を生かし直線で一気に抜け出し2着に2馬身半差をつけ初勝利を果たした[4]

3歳[編集]

年明け初戦として京成杯に出走した。道中は後方からの追走となったが、4コーナーから徐々に上がっていき最後の直線では逃げ粘るケイアイチョウサンを抜き先頭に抜け出し、追いすがるアクションスターをクビ差抑え勝利。重賞初挑戦で初制覇を果たした。[5]。続くスプリングステークスでは直線でメンバー最速の追い上げを見せるも先団に届かず4着[6]。迎えた本番・皐月賞では後方からの競馬を選び、4コーナーから豪腕で追い上げを見せるも直線で後退し12着に敗れた。皐月賞出走後、左橈骨遠位端骨折が判明。全治に6か月を要することから残りのクラシックの出走は絶望的となった[7]。休養に入り、暮れのディセンバーステークスで復帰し、ここでも直線では徐々に順位を上げる競馬を見せるも6着に敗れた[8]

4歳[編集]

4歳になったフェイムゲームの年内初戦にはAJCCが選ばれた。直線では苦しい位置につけられるも、直線で内側に隙ができるとそこに斜行しながら入り、先団に食い込み、勝ったヴェルデグリーンに差のない3着と好走を見せた[9](レース映像:[10])。次走のダイヤモンドSでは、AJCCでの好走や距離適性などが功を奏し1番人気に推された。レースでは1回目の直線では馬群から2馬身ほど離れた最後方につけられるも、2周目に入ると徐々に順位を上げ、4コーナーでは2位にまで到達。そして最後の直線で、逃げ粘るラブラドライトを捉え残り400m付近から先頭へと抜け出し、残り200m付近ではさらに他馬を突き放し2着に1馬身半差をつけ勝利。自身1年ぶりとなる重賞2勝目を成し遂げた[11][12]。しかし、その後の天皇賞・春では直線で伸びず、宝塚記念では直線で先団に取りつくも後退し、オールカマーでは直線ゴール前で伸びを見せるも先団に惜しくも取り付けず、3戦続けて6着に終わる[13][14][15](オールカマーのレース動画:[16])。しかし、その後のアルゼンチン共和国杯では、2番人気の高評価で出走し、道中中団から3・4コーナーで徐々に順位を上げ、直線で逃げ粘るクリールカイザーの外につけるとそのまま抜き去り、そこからさらに他馬を一気に突き放し、2馬身半差をつけ完勝。重賞3勝目にして自身初のG2勝利を挙げた[17]

5歳[編集]

始動戦となったAJCCでは、前走を勝利した影響もあり3番人気に推されるも、スタートで出遅れ折り合いを欠いてしまい、いつものような競馬を見せれずに、12着に惨敗してしまう[18](レース動画:[19]。連覇を賭けて出走したダイヤモンドSでは再び1番人気に推された。1回目の直線を過ぎると最後方から少しずつ伸びて中団に位置して直線を迎え、残り400mで前の馬の壁がなくなるとその隙をしっかりと狙い澄まし、粘るファタモルガーナを差し切り優勝。ダイヤモンドS連覇、及び自身重賞4勝目を挙げる[20]。なおこのレースでは、2周目4コーナーで外側に斜行し、リキサンステルスの進路を妨害、被害馬が転倒して競走中止となったが、着順に変更はなかった。騎乗していた北村宏司騎手は開催6日間(不注意騎乗を短期間で再発したため、過重制裁となった)の騎乗停止処分を受けた。次走の天皇賞(春)では道中中団待機で迎えた最後の直線、残り100m付近で外から一気に末脚を炸裂させ先に抜け出したゴールドシップを差し切ろうとするも、惜しくもクビ差及ばず2着となった[21]。その後、ザカリー・パートンを背に、ホッコーブレーヴと共にオーストラリアへ遠征。1戦目のコーフィールドCは6着(ホッコーブレーヴは10着)[22]、2戦目のメルボルンCは13着(ホッコーブレーヴは17着)で遠征競走を終えた[23]

6歳[編集]

3連覇を賭けて挑んだダイヤモンドSでは、1番人気をタンタアレグリアに譲る形となり、2番人気で出走。道中で中団に位置し、最後の直線では絶好の位置で前を捉えにかかるも、先に抜け出したトゥインクルについていくことができず、4馬身離され2着。3連覇はならなかった[24]。天皇賞(春)では去年のような上がりを見せることなく、8着に惨敗[25]し、続く宝塚記念では見せ場なく最下位(17着)に沈んだ[26]。7月7日、休養で放牧に出したノーザンファーム天栄で去勢を行うことが分かった。秋の始動戦は、去勢後の状況によっては変わるかもしれないが、オールカマーあたりになるのではないか、と述べている[27]

7歳[編集]

ダイヤモンドSで復帰したが6着と惨敗。その後、目黒記念では8番人気の低評価であったが、後方10番手から直線で外から鋭く差し切って2年3カ月ぶりの重賞制覇を果たす[28]。秋に入り、京都大賞典は10着、ステイヤーズステークスは2着となり、この年を終える。

8歳[編集]

ダイヤモンドSで始動、中団追走から直線で抜け出して3度目の同一競走制覇を達成するとともに、重賞6勝目をマークする[29]。その後、目黒記念では見せ場なく13着に終わる。秋に入り、ステイヤーズステークスに向けて調整されていたが、右前脚の状態が悪化したため、現役を引退することになった[30]。引退後はノーザンファーム天栄で乗馬となる[31]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2012.09.29 中山 2歳新馬 芝1800m(良) 13 7 12 004.30(3人) 08着 R1:51.6(34.7) -1.3 田中勝春 54kg ゴットフリート
0000.10.20 東京 2歳未勝利 芝1600m(良) 12 3 3 010.20(3人) 05着 R1:36.5(34.2) -0.7 田中勝春 55kg アドマイヤイチバン
0000.12.16 中山 2歳未勝利 芝2000m(稍) 18 4 8 014.70(6人) 01着 R2:02.7(35.3) -0.4 C.スミヨン 55kg (シャイニーリーヴァ)
2013.01.21 中山 京成杯 GIII 芝2000m(良) 12 5 6 012.60(7人) 01着 R2:02.3(34.7) -0.0 F.ベリー 56kg (アクションスター)
0000.03.17 中山 スプリングS GII 芝1800m(良) 16 7 14 012.40(6人) 04着 R1:48.1(34.6) -0.3 北村宏司 56kg ロゴタイプ
0000.04.14 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 8 16 018.30(7人) 12着 R1:59.3(35.9) -1.3 北村宏司 57kg ロゴタイプ
0000.12.14 中山 ディセンバーS OP 芝1800m(良) 16 8 16 016.00(8人) 06着 R1:48.3(34.5) -0.2 北村宏司 55kg エアソミュール
2014.01.26 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 16 1 1 011.90(6人) 03着 R2:14.1(35.8) -0.1 北村宏司 55kg ヴェルデグリーン
0000.02.22 東京 ダイヤモンドS GIII 芝3400m(良) 11 1 1 002.90(1人) 01着 R3:30.2(35.8) -0.2 北村宏司 55kg (セイクリッドバレー)
0000.05.04 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 18 5 10 091.7(11人) 06着 R3:15.5(34.3) -0.4 北村宏司 58kg フェノーメノ
0000.06.29 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(良) 12 8 12 033.10(7人) 06着 R2:14.7(34.3) -0.8 北村宏司 58kg ゴールドシップ
0000.09.28 新潟 オールカマー GII 芝2200m(良) 18 8 16 010.00(4人) 06着 R2:12.4(34.4) -0.2 北村宏司 56kg マイネルラクリマ
0000.011.9 東京 アルゼンチン共和国杯 GII 芝2500m(良) 18 2 3 004.90(2人) 01着 R2:30.5(34.0) -0.4 北村宏司 57kg (クリールカイザー)
2015.01.25 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 17 5 10 008.30(3人) 12着 R2:14.4(34.5) -0.8 北村宏司 57kg クリールカイザー
0000.02.21 東京 ダイヤモンドS GIII 芝3400m(良) 16 8 16 003.70(1人) 01着 R3:31.9(34.6) -0.3 北村宏司 58kg (ファタモルガーナ)
0000.05.03 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 17 7 14 022.60(7人) 02着 R3:14.7(34.5) -0.0 北村宏司 58kg ゴールドシップ
0000.10.17 コーフィールド コーフィールドC GI 芝2400m(稍) 3     (5人) 06着 0 - Z.パートン 57kg Mongolian Khan
0000.11.03 フレミントン メルボルンC GI 芝3200m(稍) 3     (1人) 13着 0 - Z.パートン 57kg Prince Of Penzance
2016.02.20 東京 ダイヤモンドS GIII 芝3400m(稍) 16 8 16 005.60(2人) 02着 03:38.5(37.0) -0.7 三浦皇成 58.5kg トゥインクル
0000.05.01 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 18 3 5 007.40(4人) 08着 03:15.8(34.4) -0.8 H.ボウマン 58kg キタサンブラック
0000.06.26 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 17 1 1 064.5(12人) 17着 02:15.1(38.2) -2.3 柴山雄一 58kg マリアライト
2017.02.18 東京 ダイヤモンドS GIII 芝3400m(良) 15 4 7 006.30(3人) 06着 03:35.9(34.1) -0.7 北村宏司 58kg アルバート
0000.05.28 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 18 6 12 019.10(8人) 01着 02:30.9(33.9) -0.1 C.ルメール 58kg (ヴォルシェーブ)
0000.10.09 京都 京都大賞典 GII 芝2400m(良) 15 4 7 009.80(5人) 10着 02:23.9(34.6) -0.9 C.ルメール 57kg スマートレイアー
0000.12.02 中山 ステイヤーズS GII 芝3600m(良) 10 2 2 004.60(2人) 02着 03:43.4(35.5) -0.4 H.ボウマン 57kg アルバート
2018.02.17 東京 ダイヤモンドS GIII 芝3400m(良) 14 8 14 002.70(1人) 01着 03:31.6(35.3) -0.3 C.ルメール 58.5kg (リッジマン)
0000.05.27 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 16 7 14 008.00(4人) 13着 02:31.0(34.8) -1.3 C.ルメール 59kg ウインテンダネス

血統表[編集]

フェイムゲーム血統サンデーサイレンス系 / Northern Dancer 5×5=6.25%) (血統表の出典)

ハーツクライ
2001 鹿毛
父の父
* サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛 アメリカ
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
アイリッシュダンス
1990 鹿毛
* トニービン * カンパラ
Severn Bridge
* ビューパーダンス Lyphard
My Bupers

ホールオブフェーム
1991 黒鹿毛
* アレミロード
Allez Milord
1983 鹿毛 アメリカ
Tom Rolfe Ribot
Pocahontas
Why Me Lord Bold Reasoning
Tomorrowland
母の母
ベルベットサッシュ
1986 鹿毛
* ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ * ノーザンテースト
* ロイヤルサッシュ F-No.1-t

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n フェイムゲーム JBIS Searchより 2016年8月1日閲覧
  2. ^ 2012年9月29日2歳新馬(中山5R)の結果・払戻 netkeibaより 2016年8月1日閲覧
  3. ^ 2012年10月20日2歳未勝利(東京3R)の結果・払戻 netkeibaより 2016年8月1日閲覧
  4. ^ 2012年12月16日2歳未勝利(中山4R)の結果・払戻 netkeibaより 2016年8月1日閲覧
  5. ^ 第53回 京成杯 KLANより 2016年8月1日閲覧
  6. ^ 第62回 スプリングステークス KLANより 2016年8月1日閲覧
  7. ^ フェイムゲームが故障 JRAホームページより 2016年8月1日閲覧
  8. ^ 2013年ディセンバーSの結果・払戻 netkeibaより 2016年8月1日閲覧
  9. ^ 第55回 AJCC KLANより 2016年8月1日閲覧
  10. ^ 2014年 第55回アメリカジョッキークラブカップ(GII) Youtubeより 2016年8月1日閲覧
  11. ^ フェイムゲームが重賞2勝目 競馬のダイヤモンドS”. 日本経済新聞 (2014年2月22日). 2016年8月1日閲覧。
  12. ^ 第64回 ダイヤモンドステークス KLANより 2016年8月1日閲覧
  13. ^ 第149回 天皇賞(春) KLANより 2016年8月1日閲覧
  14. ^ 第55回 宝塚記念 KLANより 2016年8月1日閲覧
  15. ^ 第60回 オールカマー KLANより 2016年8月1日閲覧
  16. ^ 第60回 産経賞オールカマー(GII)  Youtubeより 2016年8月1日閲覧
  17. ^ 第52回 アルゼンチン共和国杯 KLANより 2016年8月1日閲覧
  18. ^ 第56回 AJCC KLANより 2016年8月1日閲覧
  19. ^ 2015/01/25 第56回 AJCC(GⅡ)【クリールカイザー】 Youtubeより 2016年8月1日閲覧
  20. ^ 第65回 ダイヤモンドステークス KLANより 2016年8月1日閲覧
  21. ^ 第151回 天皇賞(春) KLANより 2016年8月1日閲覧
  22. ^ フェイムゲーム6着、ホッコーブレーヴは10着 豪州遠征 スポニチアネックスより 2016年8月1日閲覧
  23. ^ 【メルボルンC】(豪州)~フェイムゲーム13着、ホッコーブレーヴ17着 netkeibaより 2016年8月1日閲覧
  24. ^ 第66回 ダイヤモンドステークス 
  25. ^ 第153回 天皇賞(春) KLANより 2016年8月1日閲覧
  26. ^ 第57回 宝塚記念 KLANより 2016年8月1日閲覧
  27. ^ 重賞4勝のフェイムゲームが去勢 秋の始動戦は「オールカマーあたりになるのでは」 スポーツ報知より 2016年8月1日閲覧
  28. ^ 【目黒記念】フェイムゲームが2年3カ月ぶりの重賞Vサンケイスポーツ、2017年5月28日公開 2018年11月6日閲覧
  29. ^ 【ダイヤモンドS】14、15年覇者フェイムゲームが3年ぶり3度目V ルメール「ラスト200メートルでもう一度伸びた」スポーツ報知、2018年2月17日公開 2018年11月6日閲覧
  30. ^ 【JRA】フェイムゲームが引退、ダイヤモンドS3勝など重賞6勝netkeiba.com、2018年11月3日公開 2018年11月6日閲覧
  31. ^ フェイムゲーム号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2018年11月8日閲覧