フェザー安全剃刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フェザー安全剃刀株式会社
FEATHER Safety Razor Co., Ltd.
Headquarters of FEATHER Safety Razor Co., Ltd..JPG
フェザー安全剃刀 本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 フェザー、フェザーカミソリ、FEATHER
本社所在地 日本の旗 日本
531-0075
大阪府大阪市北区大淀南三丁目3番70号
設立 1932年7月1日
業種 金属製品
法人番号 3120001069672 ウィキデータを編集
事業内容 カミソリ製品・理美容製品・工業用刃物・医療用刃物等の製造・販売、不動産の賃貸借・売買・管理業及び保険代理業
代表者 代表取締役会長 藤田直人
代表取締役社長 岸田英三
資本金 180,423,100円
純利益 11億4165万3000円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 213億6854万円(2020年03月31日時点)[1]
外部リンク http://www.feather.co.jp/
テンプレートを表示

フェザー安全剃刀株式会社(フェザーあんぜんかみそり)は、日本剃刀(カミソリ)・替刃メーカー。カミソリ製品をはじめ、シェービングフォーム、理美容製品、工業用刃物、医療用刃物を製造している。大阪府大阪市北区大淀南に本社を置く。

概要[編集]

FEATHER」ブランドで知られるカミソリ及び理美容関連製品の製造販売をおこなう。ブランド及び会社名の「フェザー」は「羽根で頬を撫でるような肌触り」を求めて英語のFeather(羽)に由来するものである。

シェア及びウェートは業務用向けに強い。一般用カミソリも製造してはいるが国内シェアはシックジレットP&Gジャパン)が圧倒的に強いことから、ホテルなど宿泊滞在用の簡易剃刀などに特化している。主に商品の大半を日本国内で生産しており、「日本製」をアピールしている。

元々は刃物の生産地で知られる岐阜県関市で創業されたが、現在は大阪に本社を置いている。なお兄弟企業でありかつライバル企業である貝印とは、同じ地での創業だが、貝印は東京都千代田区に本社を置いている。なお、工場は岐阜県関市と同県美濃市の2カ所に所在する。

事業所[編集]

本社
大阪府大阪市北区大淀南3-3-70
東京支店
東京都中央区日本橋浜町1-2-2
関工場
岐阜県関市宮河町1-7-5
日ノ出工場・総合研究所
岐阜県関市日ノ出町1-17
カミソリ文化伝承館・フェザーミュージアムを常設。
美濃工場
岐阜県美濃市松森600-1
札幌営業所
北海道札幌市白石区本郷通9丁目南2-21 アベニールプルミエ1F
福岡営業所
福岡県福岡市博多区博多駅南3-5-33 東和ビル2F

沿革[編集]

商品[編集]

現在[編集]

  • 安全カミソリ・片刃カミソリ用ホルダー
    • サムライエッジ - 3枚刃。
    • F-llneo - 2枚刃。ロングセラー製品である「F-Ⅱ」のフルモデルチェンジ版。2002年発売。
    • MR3neo - 3枚刃。

※上記の3モデルともエフシステムが採用されているため、それぞれの替刃と互換性がある。

  • その他の片刃カミソリ用ホルダー
    • ベストエース - 使い捨てカミソリ。2枚刃。
  • 安全カミソリ・両刃カミソリ用ホルダー
    • ポピュラー - 普及型の両刃カミソリホルダー。
    • アジャスタブル - ソフト&ハードと2種類の刃の出方を選択できる両刃カミソリホルダー。
    • 特撰 - オールステンレスレザーの両刃カミソリホルダー。ステンレス製の台座スタンドが付属されている。
  • 替刃
    • ハイ・ステンレス - 1967年発売。日本で唯一生産されているステンレス製の両刃カミソリ用替刃。片刃タイプもある。
    • フェザーS - 唯一のロングセラー製品でもある炭素鋼の両刃カミソリ用替刃。通称:青函。片刃タイプもある。
  • 男性用シェービング化粧品
    • ハイシェーブフォーム - シェービングフォーム。
    • ハイシェーブマリンステージフォーム - マリンコラーゲンと海藻エキスが配合されたことにより、保湿効果の優れたシェービングフォーム。
    • ハイシェーブモイストライム - ヒアルロン酸配合のシェービングフォーム。
    • ハイシェーブモイストジェル - シェービングジェル。
    • ハイシェーブモイストジェル・フレッシュ - シェービングジェル。
  • 女性用シェービング製品
    • マーメイド
    • フラミンゴ - 製品パッケージに記載されている女性モデルは女優の大川めぐみ

 * 爪切り

  • 業務用刃物(理容店向け)
  • 医療用刃物
  • 工業用刃物ほか。

過去[編集]

  • 安全カミソリ・カミソリ用ホルダー
    • F-ll - 2枚刃。1976年発売。世界初のクリーニング機構を採用したモデル。発売当初は他社製のスライド式ホルダーにも対応した。その後、首振り機構が採用されるなどの幾度のマイナーチェンジを重ねたが、エフシステム採用のF-llneoへのフルモデルチェンジに伴い、2002年に製造終了。
    • 安全宣言「The GUARD」 - 1999年発売。横滑りなどによる皮膚の保護及び負傷防止の半円形ワイヤーが設けられた2枚刃カミソリ[2]。発売当時のテレビCMではボクシング漫画『はじめの一歩』の幕之内一歩鴨川源二が起用された。

日本唯一のカミソリ博物館[編集]

フェザー安全剃刀の工場がある岐阜県関市に、日本で唯一のカミソリの博物館、カミソリ文化伝承館・フェザーミュージアム(通称:フェザーミュージアム)がある。江戸時代から昭和初期にかけてのカミソリや、フェザー創業時から現在にかけての広告・商品の展示を行なっている。

宣伝活動[編集]

新聞広告[編集]

シェービングフォーム「ハイシェーブ」のスプレー缶に描かれている「髭剃りをしている男性」のイラストを流用し、「カミソリはフェザー」と言うキャッチフレーズとホームページアドレスが添えられただけの新聞広告を朝日新聞などに載せている。

テレビCM[編集]

2008年3月までの間、本社が所在する大阪市にある朝日放送制作の全国ネットによるテレビ番組スポンサー提供していた。2006年3月21日放送『最終警告たけしの本当は怖い家庭の医学』特番を以って長年の提供枠を降板。同年4月以降は朝日放送の系列会社であるスカイ・A(→スカイ・A sports+)で放送の番組にスポンサー提供している。

最新CMについてはホームページでも動画で見ることが出来る。

スポンサー番組[編集]

※全て過去。

テレビ番組
ラジオ番組
  • フェザー・シルバー・ナイターTBSラジオ1962年に日曜日のプロ野球薄暮デーゲーム中継を一社による冠スポンサー提供で放送。1963年に冠タイトルから『日曜薄暮ゲーム』となったが、引き続き一社提供をつづけた[3]
  • フェザー・シルバー・タイム(TBSラジオ。1960年代)
ほか

現在はスポット枠でCMを流している。

CMキャラクター[編集]

CMキャラクターではないが、1977年1月から放送開始した「フェザーF-Ⅱ」のテレビCMでは内海賢二がナレーションを務めた。

CMソング[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b フェザー安全剃刀株式会社 第94期決算公告
  2. ^ このシステムは現在、MR3neoや理髪用カミソリの替刃「ソフトガード」や「プロガード」に継承されている。
  3. ^ 『TBS50年史』資料編より、歴代のラジオ番組を明記した一覧表を参照。なお、一覧では番組名が「フエザー・シルバー・ナイター」、スポンサー名が「フエザー安全剃刀」と表記されている。

参考資料[編集]

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
  • フェザー安全剃刀70年史(2003年2月、フェザー安全剃刀社史編纂委員会・編)

関連項目[編集]