フェミナ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フェミナ賞
Prix Femina
Comitato premio Femina 1926.jpg
フェミナ賞審査員 (1926年)
受賞対象 散文
開催日 11月第1水曜
会場 クリヨン・ホテル(パリ8区
フランスの旗 フランス
初回 1904年
最新回 2018年
最新受賞者 フィリップ・ランソンフランス語版, Le Lambeau
公式サイト Prix Femina

フェミナ賞: Prix Femina)は、ゴンクール賞ルノードー賞メディシス賞アンテラリエ賞と並んで、フランスでの最も権威ある文学賞の一つである[1]1904年に女性詩人アンナ・ド・ノアイユの提唱により、女性向け雑誌『ラ・ヴィー・ウールーズフランス語版(幸せな人生)』(後の『フェミナ』誌)の女性寄稿者22人により創設された。1904年のゴンクール賞(前年1903年創設)で、女性作家ミリアム・アリーフランス語版が候補に挙がっていたにもかかわらず、男性作家レオン・フラピエが受賞したために、ミソジニー的なゴンクール賞に対抗して制定された賞である[2][3]。実際、女性初のゴンクール賞受賞者はエルザ・トリオレであり、40年後(1944年)のことである。

毎年、最も優れたフランス語の散文もしくは詩作品に贈られる。11月の第1水曜日に、パリのクリヨン・ホテルフランス語版で女性審査員10人(2019年現在)によって選出される。

歴史[編集]

この賞は当初はアシェット・リーブル社の雑誌『ラ・ヴィ・ウールーズ』の名前から「ヴィ・ウールーズ賞」と呼ばれ、1904年12月4日に20名(ゴンクール賞の倍)の女性から成る審査員により初の授与が行われた[4]アンナ・ド・ノアイユ、カロリーヌ・ド・ブルテル(編集長)のほか、ピエール・ド・クールヴァン夫人、ジュリア・ドーデフランス語版アルフォンス・ドーデの妻)、ジャンヌ・メットフランス語版カチュール・マンデスの妻)、リュシー・フェリックス=フォール・ゴヨーフランス語版(ジョルジュ・ゴヨーの妻)、リュシー・ドラリュー=マルドリュスフランス語版ジャンヌ・デュラフォアフランス語版、マリー・デュクロー、クロード・フェルヴァル、ジュディット・ゴーティエフランス語版アルヴェード・バリーヌフランス語版テレーズ・バンゾンフランス語版ジャンヌ・ロワゾーフランス語版、ジャンヌ・マルニ、ジョルジュ・ド・ペールブリューヌフランス語版、マルグリット・パラドウスカ、ガブリエル・レヴァル、セヴリーヌマルセル・ティナイエールフランス語版ジュリエット・アダムフランス語版ジャン・ベルトロワフランス語版であった。

『ラ・ヴィー・ウールーズ』第1号(1902年10月15日)表紙

1901年に雑誌『フェミナ』を創刊したピエール・ラフィットとアシェット社が連携し、1922年に「フェミナ賞」に改名し、審査員は12名とした[4]

ラ・ロシュフコー公爵家のエドメ・フリッシュ・ド・フェルス(エドメ・ド・ラ・ロシュフコーフランス語版)は数十年間に亘って合衆国広場8番地(16区)の邸宅のサロンにパリ中の文学・思想の名士たちを集め「アカデミー・フランセーズの控室」と評判となっており、彼女が長年フェミナ賞の審査員長を務めた。在任中の1953年には日本女性を主人公とした日系フランス人キク・ヤマタフランス語版の『麗しの夫人』を候補に推薦した[5]。娘のソランジュ・ファスケルフランス語版も生涯審査員を務めた。

2019年現在の審査員は、カミーユ・ロランスフランス語版クレール・ガロワフランス語版ポーラ・ジャックフランス語版クリスティーヌ・ジョルディスフランス語版モナ・オズーフダニエル・サルナーヴフランス語版シャンタル・トマフランス語版アンヌ=マリー・ガラフランス語版ジョジアーヌ・サヴィニョーフランス語版エヴリーヌ・ブロック=ダノフランス語版の10人である[6]

フェミナ賞受賞作家・作品一覧[編集]

1904 ミリアム・アリーフランス語版 La Conquête de Jérusalem
1905 ロマン・ロラン Jean-Christophe 『ジャン・クリストフ』豊島与志雄訳、岩波書店、(新版) 2003年。
1906 アンドレ・コルティスフランス語版 Gemmes et Moires
1907 コレット・イヴェールフランス語版 Princesses de science
1908 エドゥアール・エストニエフランス語版 La Vie secrète
1909 エドモン・ジャルーフランス語版 Le reste est silence 『子供は知っていた』江口清(リンク)訳、河出書房、1956年。
1910 マルグリット・オードゥー Marie-Claire 孤児マリー堀口大学訳、新潮社、1953年。
1911 ルイ・ド・ロベールフランス語版 Le Roman du malade
1912 ジャック・モレルフランス語版 Feuilles mortes
1913 カミーユ・マルボフランス語版 La Statue voilée
1914 (受賞なし)
1915 (受賞なし)
1916 (受賞なし)
1917 モーリス・ラルーイフランス語版 L'Odyssée d'un transport torpillé
1918 アンリ・バシュランフランス語版 Le Serviteur
1919 ロラン・ドルジュレスフランス語版 Les Croix de bois 「木の十字架」山内義雄訳、三笠書房『三笠版現代世界文学全集 第5巻』(1954年) 所収。
1920 エドゥモン・ゴジョンフランス語版 Le Jardin des dieux
1921 レイモン・エスコリエフランス語版 Cantegril
1922 ジャック・ド・ラクルテルフランス語版 Silbermann 『反逆児 ― シルベルマン』青柳瑞穂訳、新潮社、1957年。
1923 ジャンヌ・ガルジフランス語版 Les Allongés
1924 シャルル・ドゥレンヌフランス語版 Le Bestiaire sentimental
1925 ジョゼフ・デルテイユフランス語版 Jeanne d'Arc カール・テオドア・ドライヤー監督映画『裁かるるジャンヌ』(1927年)
1926 シャルル・シルヴェストルフランス語版 Prodige du cœur
1927 マリー・ル・フランフランス語版 Grand-Louis l'innocent
1928 ドミニク・デュノワフランス語版 Georgette Garou
1929 ジョルジュ・ベルナノス La Joie 「よろこび」山崎庸一郎訳『ジョルジュ・ベルナノス著作集 第1巻』(春秋社、1976年) 所収。
1930 マルク・シャドゥルヌフランス語版 Cécile de la Folie
1931 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ Vol de nuit 『夜間飛行』堀口大學訳、新潮社、(改版) 1956年。
1932 ラモン・フェルナンデスフランス語版 Le Pari 『青春を賭ける』菱山修三訳、第一書房、1936年。
1933 ジュヌヴィエーヴ・フォコニエフランス語版 Claude
1934 ロベール・フランシスフランス語版 Le Bateau-refuge
1935 クロード・シルヴフランス語版 Bénédiction
1936 ルイーズ・エルヴィユーフランス語版 Sangs
1937 レイモンド・ヴァンサンフランス語版 Campagne
1938 フェリックス・ド・シャズルヌフランス語版 Caroline ou le Départ pour les îles
1939 ポール・ヴィアラールフランス語版 La Rose de la mer 『海の薔薇』柿本良平訳、時代社、1940年。
1940 (受賞なし)
1941 (受賞なし)
1942 (受賞なし)
1943 (受賞なし)
1944 深夜叢書フランス語版 第二次世界大戦中の(地下)出版物に対して。
1945 アンヌ=マリー・モネフランス語版 Le Chemin du soleil
1946 ミシェル・ロビダフランス語版 Le Temps de la longue patience
1947 ガブリエル・ロワ Bonheur d'occasion
1948 エマニュエル・ロブレスフランス語版 Les Hauteurs de la ville
1949 マリア・ル・アルドゥーアンフランス語版 La Dame de cœur 『ハートの女王』小島輝正訳、ダヴィッド社、1951年。
1950 セルジュ・グルッサールフランス語版 La Femme sans passé 『過去のない女』水野亮(リンク)訳、岩波書店、1952-53年。
1951 アンヌ・ド・トゥールヴィルフランス語版 Jabadao
1952 ドミニク・ロランフランス語版 Le Souffle
1953 ゾエ・オルダンブールフランス語版 La Pierre angulaire
1954 ガブリエル・ヴェラルディフランス語版 La Machine humaine
1955 アンドレ・ドーテルフランス語版 Le Pays où l'on n'arrive jamais
1956 フランソワ・レジス・バスティードフランス語版 Les Adieux
1957 クリスチャン・メグレフランス語版 Le Carrefour des solitudes
1958 フランソワーズ・マレ=ジョリスフランス語版 L'Empire céleste 『春の訪れ』三輪秀彦訳、ハヤカワ文庫(リンク)、1975年。
1959 ベルナール・プリヴァフランス語版 Au pied du mur
1960 ルイーズ・ベロックフランス語版 La Porte retombée
1961 アンリ・トマフランス語版 Le Promontoire 『岬 / 世捨て人』永井旦訳、白水社、1964年。
1962 イヴ・ベルジェフランス語版 Le Sud 『南』濱崎志朗訳、白水社、(新装復刊版) 2004年。
1963 ロジェ・ヴリニーフランス語版 La Nuit de Mougins
1964 ジャン・ブランザフランス語版 Le Faussaire
1965 ロベール・パンジェフランス語版 Quelqu'un
1966 イレーヌ・モネジフランス語版 Nature morte devant la fenêtre
1967 クレール・エチェレリフランス語版 Élise ou la Vraie Vie 『エリーズまたは真の人生』佐藤実枝訳、白水社、1975年。
1968 マルグリット・ユルスナール L'Œuvre au noir 『黒の過程』岩崎力訳、白水社、(新装版) 2008年。
1969 ホルヘ・センプルン La Deuxième Mort de Ramón Mercader 『ラモン・メルカデルの第二の死』榊原晃三訳、新潮社、1971年。
1970 フランソワ・ヌリシエフランス語版 La Crève
1971 アンジェロ・リナルディフランス語版 La Maison des Atlantes
1972 ロジェ・グルニエ Ciné-roman 『シネロマン』塩瀬宏訳、白水社、(新装復刊版) 2001年。
1973 ミシェル・ダールフランス語版 Juan Maldonne
1974 ルネ=ヴィクトル・ピーユフランス語版 L'Imprécateur 『呪い師』三輪秀彦訳、早川書房、1976年。
1975 クロード・ファラッジフランス語版 Le Maître d'heure
1976 マリー=ルイーズ・オーモンフランス語版 Le Trajet 『通勤路』岩崎力訳、早川書房、1979年。
1977 レジス・ドゥブレ La neige brûle 『雪が燃えるように』西永良成訳、早川書房、1984年。
1978 フランソワ・ソンカンフランス語版 Un amour de père
1979 ピエール・モワノー Le Guetteur d'ombre
1980 ジョスリーヌ・フランソワフランス語版 Joue-nous « España »
1981 カトリーヌ・エルマリ=ヴィエイユフランス語版 Le Grand Vizir de la nuit
1982 アンヌ・エベールフランス語版 Les Fous de Bassan
1983 フロランス・ドゥレフランス語版 Riche et Légère 『リッチ & ライト』千葉文夫訳、みすず書房、2002年。
1984 ベルトラン・ヴィザージュフランス語版 Tous les soleils
1985 エクトール・ビアンシオッティフランス語版 Sans la miséricorde du Christ
1986 ルネ・ベレットフランス語版 L'Enfer
1987 アラン・アプシールフランス語版 L'Égal de Dieu
1988 アレクサンドル・ジャルダン Le Zèbre 『妻への恋文』鷲見洋一訳、新潮社、1996年。
1989 シルヴィー・ジェルマンフランス語版 Jours de colère
1990 ピエレット・フルティオーフランス語版 Nous sommes éternels
1991 ポーラ・ジャックフランス語版 Déborah et les Anges dissipés
1992 アンヌ=マリー・ガラフランス語版 Aden
1993 マルク・ランブロンフランス語版 L'Œil du silence
1994 オリヴィエ・ロランフランス語版 Port-Soudan
1995 エマニュエル・カレールフランス語版 La Classe de neige 『冬の少年』田中千春訳、河出書房新社、1999年。
1996 ジュヌヴィエーヴ・ブリザックフランス語版 Week-end de chasse à la mère
1997 ドミニク・ノゲーズフランス語版 Amour noir
1998 フランソワ・チェン Le Dit de Tianyi 『ティエンイの物語』辻由美訳、みすず書房、2011年。
1999 マリリーヌ・デビオールフランス語版 Anchise
2000 カミーユ・ロランスフランス語版 Dans ces bras-là 『その腕の中で』吉田花子訳、新潮社、2002年。
2001 マリー・ンディアイ Rosie Carpe 『ロジー・カルプ』小野正嗣訳、早川書房、2010年。
2002 シャンタル・トマフランス語版 Les Adieux à la reine 『王妃に別れをつげて』飛幡祐規訳、白水社、2004年。
2003 ダイ・シージエ Le Complexe de Di 『フロイトの弟子と旅する長椅子』新島進訳、早川書房、2007年。
2004 ジャン=ポール・デュボワフランス語版 Une vie française 『フランス的人生』吉村和明訳、筑摩書房、2009年。
2005 レジス・ジョフレフランス語版 Asiles de fous
2006 ナンシー・ヒューストン Lignes de faille 『時のかさなり』横川晶子訳、新潮社、2008年。
2007 エリック・フォトリノフランス語版 Baisers de cinéma 『光の子供』吉田洋之訳、新潮社、2014年。
2008 ジャン=ルイ・フルニエフランス語版 Où on va, papa ? 『どこ行くの、パパ?』河野万里子訳、白水社、2011年。
2009 グエナエル・オブリフランス語版 Personne
2010 パトリック・ラペイルフランス語版 La vie est brève et le désir sans fin 『人生は短く、欲望は果てなし』東浦弘樹訳、作品社、2012年。
2011 シモン・リベラティフランス語版 Jayne Mansfield 1967
2012 パトリック・ドゥヴィルフランス語版 Peste et Choléra 『ペスト & コレラ』辻由美訳、みすず書房、2014年。
2013 レオノラ・ミアノフランス語版 La Saison de l'ombre
2014 ヤニック・ラアンスフランス語版 Bain de lune
2015 クリストフ・ボルタンスキーフランス語版 La Cache
2016 マルキュス・マルトフランス語版 Le Garçon
2017 フィリップ・ジャエナダフランス語版 La Serpe
2018 フィリップ・ランソンフランス語版 Le Lambeau

フェミナ賞外国小説部門受賞作家・作品一覧[編集]

1985 ジョン・クッツェー
南アフリカ共和国
Michael K, sa vie, son temps
Life & Times of Michael K
『マイケル・K』くぼたのぞみ訳、岩波書店、2015年。
1986 トルニィ・リンドグレンフランス語版
スウェーデン
Bethsabée
Bat Seba
1987 スーザン・マイノット英語版
アメリカ合衆国
Mouflets
Monkeys
『モンキーズ』森田義信訳、新潮社、1989年。
1988 アモス・オズ
イスラエル
La Boîte noire
קופסה שחורה
『ブラックボックス』村田靖子訳、筑摩書房、1994年。
1989 アリソン・ルーリー英語版
アメリカ合衆国
La Vérité sur Lorin Jones
The Truth About Lorin Jones
1990 ヴェルジリオ・フェレイラフランス語版
ポルトガル
Matin perdu
Manhã Submersa
1991 デイヴィッド・マルーフ
オーストラリア
Ce vaste monde
The Great World
1992 ジュリアン・バーンズ
イギリス
Love, etc.
Talking It Over
『ここだけの話』斎藤兆史訳、白水社、1993年。
1993 イアン・マキューアン
イギリス
L'Enfant volé
The Child in Time
『時間の中の子供』真野泰訳、中央公論社、1995年。
1994 ローズ・トレメイン
イギリス
Le Royaume interdit
Sacred Country
1995 イエルーン・ブラウワーズフランス語版
オランダ
Rouge décanté
Bezonken Rood
『うわずみの赤』林俊訳、水声社、2001年。
1996 ハビエル・マリアス
スペイン
Demain dans la bataille pense à moi
Mañana en la batalla piensa en mí
『白い心臓』有本紀明訳、講談社、2001年。
1997 賈平凹
中国
La Capitale déchue
废都
『廃都』吉田富夫訳、中央公論社、1996年。
1998 アントーニオ・ムーニョス・モリーナ
スペイン
Pleine Lune
Plenilunio
1999 辻仁成
日本
Le Bouddha blanc
白仏
『白仏』文藝春秋、2000年。
2000 ジャメイカ・キンケイド
アメリカ合衆国
Mon frère
My Brother
『弟よ、愛しき人よ ― メモワール』橋本安央訳、松柏社、1999年。
2001 キース・リッジウェイ英語版
アイルランド
Mauvaise Pente
The Long Falling
2002 エルリ・デ・ルカイタリア語版
イタリア
Montedidio
Montedidio
2003 サボー・マグダ
ハンガリー
La Porte
Az ajtó
2004 ヒューゴー・ハミルトン英語版
アイルランド
Sang impur
The Speckled People
2005 ジョイス・キャロル・オーツ
アメリカ合衆国
Les Chutes
The Falls
2006 ヌーラ・オフェイロン英語版
アイルランド
L'Histoire de Chicago May
The Story of Chicago May
2007 エドワード・セント・オービン
イギリス
Le Goût de la mère
Mother's Milk
『マザーズ・ミルク』、国弘喜美代、手嶋由美子共訳、早川書房、2019年。
2008 サンドロ・ヴェロネージ
イタリア
Chaos calme
Caos calmo
『静かなカオス』大谷敏子訳、シーライトパブリッシング、2011年。
2009 マティアス・チョッケフランス語版
スイス
Maurice à la poule
Maurice mit Huhn
2010 ソフィ・オクサネン
フィンランド
Purge
Puhdistus
『粛清』上野元美訳、早川書房、2012年。
2011 ジュリー・オオツカ
アメリカ合衆国
Dire son nom
Say Her Name
『屋根裏の仏さま』岩本正恵小竹由美子共訳、新潮社、2016年。
2012 リチャード・フォード
アメリカ合衆国
Certaines n'avaient jamais vu la mer
The Buddha in the Attic
2013 リチャード・フォード
アメリカ合衆国
Canada
Canada
2014 ゼルヤ・シャレヴフランス語版
イスラエル
Ce qui reste de nos vies
שארית החיים
2015 ケリー・ハドソン英語版
イギリス
La Couleur de l'eau
Thirst
2016 ラビー・アラメッディンフランス語版
レバノン
Les Vies de papier
An Unnecessary Woman
2017 ジョン・エドガー・ワイドマン英語版
アメリカ合衆国
Écrire pour sauver une vie : Le Dossier Louis Till
Writing to Save a Life. The Louis Till File
2018 アリス・マクダーモット英語版
アメリカ合衆国
La Neuvième Heure
The Ninth Hour

フェミナ賞随筆 (評論) 部門受賞作家・作品一覧[編集]

1998年まではフェミナ・ヴァカレスコ賞フランス語版という名称であった。

1999 ミシェル・デル・カスティーヨフランス語版 Colette, une certaine France
2000
2001 エルヴィール・ド・ブリサックフランス語版 Ô dix-neuvième !
2002 マイケル・バリーフランス語版 Massoud
2003 ジャン・ハッツフェルドフランス語版 Une saison de machettes 『隣人が殺人者に変わる時 ― ルワンダ・ジェノサイド生存者たちの証言』服部欧右、ルワンダの学校を支援する会訳、かもがわ出版、2013年。
2004 ロジェ・ケンプフランス語版 L'Indiscrétion des frères Goncourt
2005 テレーズ・デルペシュフランス語版 L'Ensauvagement 『野蛮(バーバリズム)の世紀』中谷和男訳、PHP研究所、2006年。
2006 クロード・アルノーフランス語版 Qui dit je en nous ? Une histoire subjective de l'identité
2007 ジル・ラプージュフランス語版 L'Encre du voyageur
2008
2009 ミシェル・ペロー Histoire de chambres
2010 ジャン=ディディエ・ヴァンサンフランス語版 Élisée Reclus : géographe, anarchiste, écologiste
2011 ロール・ミュラフランス語版 L'Homme qui se prenait pour Napoléon : Pour une histoire politique de la folie
2012 トビ・ナタンフランス語版 Ethno-roman
2013 ジャン・ポール・エントヴェンフランス語版ラファエル・エントヴェンフランス語版 Dictionnaire amoureux de Marcel Proust
2014 ポール・ヴェーヌ Et dans l'éternité je ne m'ennuierai pas
2015 エマニュエル・ロワイエフランス語版 Claude Lévi-Strauss
2016 ジスレーヌ・デュナンフランス語版 Charlotte Delbo, la vie retrouvée
2017 ジャン=リュック・コアタレムフランス語版 Mes pas vont ailleurs
2018 エリザベット・ド・フォントネ Gaspard de la nuit

脚注[編集]

  1. ^ Les prix littéraires” (フランス語). www.actualitte.com. 2019年6月23日閲覧。
  2. ^ Femina” (フランス語). www.prixfemina.org. 2019年6月23日閲覧。
  3. ^ Contre un Goncourt misogyne : le Femina, un prix tour à tour militant, volcanique et collabo” (フランス語). France Culture (2017年11月7日). 2019年6月23日閲覧。
  4. ^ a b Discours pour les 100 ans du Femina
  5. ^ 『ラ・ジャポネーズ』矢島翠、筑摩書房、1990年、p276
  6. ^ Le prix Femina 2018 récompense Philippe Lançon pour "le Lambeau"”. L'Obs. 2019年6月23日閲覧。

関連項目[編集]

フェミナ賞 公式ウェブサイト