フェラーリ・159S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

フェラーリ・159Sは、イタリアの自動車メーカー、フェラーリ1947年に製造したレーシングスポーツカー。同社の初代モデル、125Sの後継車として開発された。

概要[編集]

125Sの改良型であり、エンジンのボアを4mm、ストロークを5.5mm拡大し、ボアφ59mm×ストローク58mmで1,903ccへと拡大し最高出力は125馬力/6,800rpmにパワーアップした。車名の159はシリンダーあたりの容積159cc(158.58cc)をあらわす。

1947年8月15日、フランコ・コルテーゼによりペスカーラ・サーキットでレースデビューした。使用期間は短いが、同年10月12日のトリノGPでレイモン・ソメールにより優勝。レーシングカーコンストラクターとして発足間もないフェラーリの名を広める貴重な勝利を挙げた。

後継はフェラーリ・166S

関連項目[編集]

  • 159S - フェラーリ公式サイト(日本語)
フェラーリ ロードカータイムライン 1940年代-1960年代  Next ->
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代
7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
FR スポーツ 125S 166S 195S 212エクスポート 225S 250MM 250モンツァ 250GT
ツールドフランス
250GT
SWB
250GTO 250LM
159S 250S 250
エクスポート
GT 166
インター
195
インター
212インター 250ヨーロッパ 250GT
ヨーロッパ
250GT
ボアノ
250GT
エレナ
250GT
クーペ
/スパイダー
250GT
ルッソ
275GTB 275GTB/4 365GTB/4
デイトナ
2+2 250GTE 330GT 365GT
MR ディーノ206
アメリカ 340
アメリカ
375
アメリカ/MM
410
スーパーアメリカ
400
スーパーアメリカ
500
スーパーファスト
365
カリフォルニア