フェラーリ・250LM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フェラーリ・250LM
250LM
250LM03.jpg
250LM01.jpg
販売期間 1963年
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 2,953cc水冷60度 V12 SOHC
駆動方式 MR
全長 4,270mm
全幅 1,700mm
全高 1,115mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 kg
先代 250GTO
-自動車のスペック表-

フェラーリ 250LMは、イタリアの自動車メーカーのフェラーリが先代のGTカー250GTOの戦闘力低下を補うために生産した車。250LMのLMとはル・マン(Le Mans)の頭文字。

概要[編集]

フェラーリは1962年から1964年のGT III選手権で、3年連続チャンピオンシップを獲得したフロントエンジンモデルの250GTOに限界を感じており、その発展型後継モデルとしてミッドシップレイアウトをとる250LMを1963年秋のパリ・サロンでデビューさせた。

それまでの例にならい、1気筒あたりの排気量を車名としているため、250は250cc×12気筒=3,000cc(実際には2,953cc)を示す。この3Lエンジンを搭載した車は300PSを発揮したが、実際には最初の1台(シャシーNo.5149)を除いて3,286cc/305PSエンジン(1シリンダーあたり275cc)を搭載していたことから275LMと呼ばれることもある。

当時GT選手権に参戦するには、連続する12か月間に100台以上を生産しなければならない規定があったが、当時のフェラーリは大量生産ができる設備を持たなかったため制作が思うように進まなかった。

生産が思うように進まない250LMをエンツォ・フェラーリは、250GTのエヴォリューションモデルとしてFIAに申請したが250GTOの時とは違いFIAに認可されることはなかった。結局プロトタイプの1台を含め生産台数は32台に留まり、GT IIIのホモロゲーションが取れなかったため、250LMはプロトタイプクラスでのエントリーにならざるを得なかった。 この決定に腹を立てたエンツォ・フェラーリは、1965年のGT選手権に市販型のフェラーリ車をエントリーさせないという強硬策に出た(この年のルマン24時間レースにだけ275GTB/Cが唯一エントリーしている)。

リア部


関連項目[編集]

フェラーリ ロードカータイムライン 1940年代-1960年代  Next ->
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代
7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
FR スポーツ 125S 166S 195S 212エクスポート 225S 250MM 250モンツァ 250GT
ツールドフランス
250GT
SWB
250GTO 250LM
159S 250S 250
エクスポート
GT 166
インター
195
インター
212インター 250ヨーロッパ 250GT
ヨーロッパ
250GT
ボアノ
250GT
エレナ
250GT
クーペ
/スパイダー
250GT
ルッソ
275GTB 275GTB/4 365GTB/4
デイトナ
2+2 250GTE 330GT 365GT
MR ディーノ206
アメリカ 340
アメリカ
375
アメリカ/MM
410
スーパーアメリカ
400
スーパーアメリカ
500
スーパーファスト
365
カリフォルニア