フェラーリ・365GTC/4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェラーリ・365GTC/4
SC06 1972 Ferrari 365 GTC 4.jpg
製造国 イタリアの旗 イタリア
乗車定員 2人
エンジン 4,390cc 水冷 V型12気筒 DOHC
駆動方式 FR
変速機 5MT
サスペンション ダブルウィッシュボーン
ホイールベース 2,550mm
車両重量 1,450kg
-自動車のスペック表-

フェラーリ・365GTC/4は、イタリアの自動車メーカーフェラーリが1971年から1972年にかけて製造していた高級クーペである。

概要[編集]

  • 1971年に365GT 2+2に代わる高級クーペとして誕生、デザインはピニンファリーナ・ボディはスカリェッティが担当。
  • メカニズム面では60度V型12気筒4.4L 4カム 'コロンボ'F101 AC型エンジンを搭載、シャシ365GTB/4 デイトナと共用で、同一ホイールベースと同一の4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションを持っていた。なおエンジンパワーは「デイトナ」より若干落とされており、これはギアボックスの搭載方法の違いによるものである。
  • 北米輸出を考慮し、リアシートが設けられたが荷物しか入らない狭さだった。(北米仕様は180台生産)
  • 計505台(シリアル#13143-17237)が生産され、登場翌年の1972年に早くも後継モデル365GT/4・2+2が誕生し生産を終了した。

参考文献[編集]

フェラーリ ロードカータイムライン 1970年代-<- Previous  
タイプ 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8
FR V12 365GTB/4 550マラネロ 575Mマラネロ 599GTBフィオラノ F12ベルリネッタ 812スーパーファスト
2+2 365GTC/4 365GT/4・2+2 400 400i 412 456 GT 456M GT 612スカリエッティ
4シーター GTC4ルッソT
V8 カリフォルニア カリフォルニアT ポルトフィーノ
MR V6/V8 ディーノ246 308 308QV 328 348 348G 360モデナ F430 458イタリア 488GTB
208 F355
2+2 ディーノGT4 モンディアル
V12 365GT4BB 512BB 512BBi テスタロッサ 512TR F512M
4WD/4シーター FF GTC4ルッソ
スペシャル 288GTO F40 F50 エンツォフェラーリ ラ フェラーリ/アペルタ
XXプログラム FXX/Evo 599XX/Evo FXX K/Evo