フェリペ・バスケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フェリペ・バスケス
Felipe Vázquez
ピッツバーグ・パイレーツ #73
Felipe Rivero in 2017 (35132053586).jpg
ピッツバーグ・パイレーツ時代
(2017年6月7日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ヤラクイ州サン・フェリペ
生年月日 (1991-07-05) 1991年7月5日(28歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 アマチュアFA
初出場 2015年4月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

フェリペ・ハビアー・バスケスFelipe Javier Vázquez, 1991年7月25日 - )は、ベネズエラヤラクイ州サン・フェリペ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBピッツバーグ・パイレーツ所属。愛称はナイトメア[1]

2018年4月9日まで本名をフェリペ・リベロ(Felipe Rivero)としていた。

経歴[編集]

プロ入りとレイズ傘下時代[編集]

2008年7月30日にタンパベイ・レイズと契約してプロ入り。

2009年に傘下のルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・レイズでプロデビュー。16試合に登板して6勝4敗1セーブ、防御率3.74、25奪三振を記録した。

2010年もルーキー級ベネズエラン・サマーリーグでプレーし、14試合(先発9試合)に登板して3勝3敗2セーブ、防御率2.09、44奪三振を記録した。

2011年からは渡米し、この年はアパラチアンリーグのルーキー級プリンストン・レイズ英語版でプレーした。14試合(先発12試合)に登板して3勝3敗、防御率4.62、57奪三振を記録した。

2012年はA級ボーリンググリーン・ホットロッズ英語版でプレーし、27試合(先発21試合)に登板して8勝8敗、防御率3.41、98奪三振を記録した。同年のオールスター・フューチャーズゲームに選出された[2]。オフの11月20日に40人枠入りを果たした[3]

2013年はA+級シャーロット・ストーンクラブズでプレーし、25試合(先発23試合)に登板して9勝7敗、防御率3.40、91奪三振を記録した。

ナショナルズ時代[編集]

ワシントン・ナショナルズ時代
(2015年4月17日)

2014年2月13日にネイサン・カーンズとのトレードで、ホセ・ロバトンドリュー・ベッテルソン英語版と共にワシントン・ナショナルズへ移籍した[4]

2014年は傘下のAA級ハリスバーグ・セネターズで開幕を迎えたが、調整のために一時的にルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズとA級ヘイガーズタウン・サンズ英語版に降格となった。3球団合計で14試合に先発登板して2勝7敗、防御率3.35、50奪三振を記録した。

2015年は開幕をAAA級シラキュース・チーフスで迎えた[5]。4月16日にメジャー初昇格を果たし、翌17日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー[6]。この年はルーキーながら49試合でマウンドに登り、防御率2.79、WHIP0.95という好成績をマーク。抑えで投げる機会もあって2セーブを挙げ、新人らしからぬピッチングでブルペンの一角を支えた。

2016年はリリーフ陣の主力の1人として起用され、チームを出るまでに47試合に登板。ただ、0勝3敗1セーブ、防御率4.53、WHIP1.17という成績で、防御率が上がって敗戦が先行した。なお、49.2イニングで53奪三振を記録して(奪三振率9.6)、狙って三振を取れる能力を見せた。

パイレーツ時代[編集]

2016年7月30日にマーク・マランソンとのトレードで、ピッツバーグ・パイレーツへ移籍[7]。パイレーツ加入後は28試合にリリーフ登板して1勝3敗、防御率3.29、WHIP1.50を記録。移籍前にナショナルズで花開いた三振奪取能力では、奪三振率12.8をマークしたが、他方で四球を出す頻度も急激に高まって与四球率5.9を記録した。また、ナショナルズとの合算成績は、リーグ8位タイの75試合のリリーフ登板で防御率4.09・1勝6敗1セーブ・WHIP1.29・与四球率3.9・奪三振率10.8という内容だった。

2017年はシーズン途中からクローザーを任され、73試合登板で5勝3敗21セーブ、防御率1.67、WHIP0.89と自己最高の成績を挙げた。

2018年1月17日、2021年までの4年総額2200万ドルで契約延長した(2022年・2023年はそれぞれ1000万ドルの球団側オプション)[8]

2018年シーズン開幕直後の4月10日、登録名ではなく本名を「フェリペ・バスケス」に改名したと報道された。「バスケス」は姉(あるいは妹)であるプレシラの姓だという。その際に「僕の名前が入ったもの(レプリカユニフォームを指していると思われる)を買ってくれたすべてのファンに謝りたい…」とも語っている[9][10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 WSH 49 0 0 0 0 2 1 2 6 .667 189 48.1 35 2 11 2 1 43 2 1 15 15 2.79 0.95
2016 47 0 0 0 0 0 3 1 16 .000 203 49.2 43 3 15 2 5 53 1 0 26 25 4.53 1.17
PIT 28 0 0 0 0 1 3 0 10 .250 124 27.1 23 3 18 1 0 39 2 0 13 10 3.29 1.50
'16計 75 0 0 0 0 1 6 1 26 .143 327 77.0 66 7 33 3 6 92 3 0 39 35 4.09 1.29
2017 73 0 0 0 0 5 3 21 14 .625 300 75.1 47 4 20 0 4 88 2 1 19 14 1.67 0.89
2018 70 0 0 0 0 4 2 37 0 .667 296 70.0 63 4 24 2 1 89 3 0 24 21 2.70 1.24
MLB:4年 267 0 0 0 0 12 12 61 46 .500 1112 270.2 211 17 88 7 12 312 10 2 97 85 2.83 1.10
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

  • 73(2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Pirates Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月27日閲覧
  2. ^ 2012 All Star Futures Game 2012 World Team Roster”. MLB.com. 2014年2月14日閲覧。
  3. ^ Rays add four players to 40-man roster”. MLB.com Rays Press Release (2012年11月20日). 2014年2月14日閲覧。
  4. ^ Nationals acquire Catcher Jose Lobaton in 4-player trade with the Rays”. MLB.com Nationals Press Release (2014年2月13日). 2014年2月14日閲覧。
  5. ^ 2015 Syracuse Chiefs: pitching is a plus, offense will be a work in progress”. syracuse.com. 2015年4月10日閲覧。
  6. ^ Felipe Rivero makes major league debut”. Washington Post. 2015年4月23日閲覧。
  7. ^ Nationals land closer Melancon from Pirates”. MLB.com (2016年7月30日). 2016年8月2日閲覧。
  8. ^ Adam Berry (2018年1月18日). “Pirates sign Felipe Rivero to 4-year deal” (英語). MLB.com. 2018年3月3日閲覧。
  9. ^ Elizabeth Bloom (2018年4月10日). “Felipe Rivero has changed his name to Felipe Vázquez” (英語). Pittsburgh Post-Gazette. 2018年4月21日閲覧。
  10. ^ 宇根夏樹 (2018年4月10日). “改名したことをファンに謝った、律儀なクローザー”. ism. https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180410-00083815/ 2018年4月21日閲覧。 

関連項目[編集]