フェリーあつた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フェリーあつた
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 名門カーフェリー(1972-1979)
ミノアンラインズ英語版
Maritime Way
Mercury Faith S.A.
運用者 名門カーフェリー(1972-1976)
ミノアンラインズ英語版
Maritime Way
CNAN Maghreb Lines
建造所 林兼造船下関造船所
姉妹船 フェリーかしい
IMO番号 7225362
改名 フェリーあつた(1972-1979)
EL GRECO
CAPTAIN ZAMAN
ZAMAN(2008)
経歴
起工 1971年
進水 1972年
竣工 1972年
就航 1972年7月
最後 2008年インドで解体
要目
総トン数 6,496トン[1]
全長 140.9 m[1]
垂線間長 128.0m[1]
22.4 m[1]
深さ 8.0 m[1]
デッキ数 5層
機関方式 ディーゼル
主機関 三菱MAN V9V 2基[1]
推進器 四翼可変ピッチプロペラ 2軸
最大出力 20,000馬力(連続)[1]
定格出力 17,000馬力[1]
最大速力 23.5ノット[2]
航海速力 21.5ノット[1]
旅客定員 468名[2][1]
乗組員 56名
車両搭載数 トラック116台、乗用車16台[2][1]
要目は同型船「フェリーかしい」のもの。
テンプレートを表示

フェリーあつたは、名門カーフェリーが運航していたフェリー

概要[編集]

名門カーフェリーの第二船として林兼造船下関造船所で建造され、1972年7月に就航した。 1976年4月、航路休止により係船された。

1979年ギリシャミノアンラインズ英語版へ売却され、EL GRECOとなった。 クルーズフェリーに改装され、1981年にギリシャとイタリアを結ぶ航路に就航した。1995年には再び改装を受けた。 1996年エーゲ海航路に転配された。

2002年イタリアのMaritime Wayに売却され、イグメニツァおよびブリンディジを拠点に運航された。 2004年パナマのMercury Faith S.A.に売却され、CAPTAIN ZAMANとなり、ギリシャトルコの間で運航された。

2007年アルジェリアのCNAN Maghreb Linesに傭船され、アルジェリアフランススペインの間で運航された。

2008年、スクラップとしてインドに売却され、ZAMANと改名されて回航された後、解体された。

航路[編集]

名門カーフェリー

本船の就航により毎日運航となった。就航時は四日市港を発着していたが、1972年10月に名古屋港まで延長された。

ミノアンラインズ

Maritime Way

Mercury Faith S.A.

CNAN Maghreb Lines

設計[編集]

フェリーかしいの同型船である。

船内[編集]

船室[編集]

  • 特別室(4名)
  • 一等(64名)
  • 特二等(16名)
  • 二等(304名)
  • ドライバー室(80名)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 世界の艦船(1972年7月号,p125)
  2. ^ a b c 世界の艦船(1972年4月号,p62)