フェルナンド・タティス・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • フェルナンド・タティース・ジュニア
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はタティス第二姓(母方の)はメディーナです。
フェルナンド・タティス・ジュニア
Fernando Tatís Jr.
サンディエゴ・パドレス #23
Fernando Tatis Jr (36141794371) (cropped).jpg
2017年
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 (1999-01-02) 1999年1月2日(20歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2015年 アマチュアFA
初出場 2019年3月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

フェルナンド・ガブリエル・タティス・メディーナFernando Gabriel Tatís Medina, スペイン語発音: [fɛɾ.ˈnãn̪.do ta.ˈtis ɟ͡ju.ˈnjoɾ][1]; 1999年1月2日 - )は、ドミニカ共和国サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス出身のプロ野球選手遊撃手)。右投右打。MLBサンディエゴ・パドレス所属。

同名の父セントルイス・カージナルスなどに所属した元メジャーリーガー(内野手)である[2]

経歴[編集]

2015年7月2日に国際フリーエージェントでシカゴ・ホワイトソックスと契約してプロ入り[3]

ホワイトソックス傘下では公式戦出場は無く、2016年6月4日にジェームズ・シールズとのトレードで、エリック・ジョンソンと共にサンディエゴ・パドレスへ移籍した[4]。この年、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・パドレスでプロデビュー。A-級トリシティ・ダストデビルズ英語版でもプレーし、2球団合計で55試合に出場して打率.273、4本塁打、25打点、15盗塁を記録した。

2017年はA級フォートウェイン・ティンキャップス英語版とAA級サンアントニオ・ミッションズでプレーし、2球団合計で131試合に出場して打率.278、22本塁打、75打点、32盗塁を記録した。

2018年の開幕前にMLB.comが発表したプロスペクト英語版ランキングでは8位(シーズン途中で2位に上昇)、パドレスの組織内では1位にランクインした[5][6]。シーズンでは開幕からAA級サンアントニオでプレーし、7月にはオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜に選出された[7]。だが、直後の7月25日、骨折した左手親指の手術を受けるため、残りシーズンの全休が発表された[8]。この年は88試合に出場して打率.286、16本塁打、43打点、16盗塁を記録した。

2019年は開幕ロースター入りを果たした[9]。3月28日に行われた開幕戦のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で「6番・遊撃手」としてスタメン起用されメジャーデビュー。同日メジャー初安打[10]。4月1日に行われたアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャー初本塁打を放った[11]

プレースタイル[編集]

打撃では父と同様にパワーがあり、更に選球眼も併せ持つ。また、強肩と送球の正確さ、水準以上のスピードも備える。ESPNキース・ロー英語版は「18歳だった頃のマニー・マチャドを思わせる」と評している[12]

詳細情報[編集]

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 23(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ スペイン語の発音記号変換ツール”. easypronunciation.com. 2019年3月19日閲覧。
  2. ^ Jeff Sanders (2017年9月28日). “Minors Fernando Tatis Jr. groomed for big future in baseball” (英語). San Diego Union Tribune. 2018年11月12日閲覧。
  3. ^ Jesse Sanchez (2015年7月2日). “Tatis Jr. among White Sox finds on int'l market” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/whitesox/news/white-sox-sign-fernando-tatis-jr/c-134059696 2018年11月13日閲覧。 
  4. ^ Daryl Van Schouwen (2016年6月4日). “Padres trade James Shields to the White Sox” (英語). Chicago Sun Times. 2018年11月13日閲覧。
  5. ^ 2018 MLB Prospects Watch – 100 Prospects. MLB.com. Retrieved on November 13, 2018.
  6. ^ 2018 MLB Prospects Watch – SAN Diego Padres Top 30 Prospects list. MLB.com. Retrieved on November 13, 2018.
  7. ^ Jim Callis (2018年7月6日). “Futures Game rosters packed with prospects” (英語). MLB.com. 2018年11月13日閲覧。
  8. ^ Fernando Tatis Jr. likely to miss rest of season” (英語). ESPN (2018年7月25日). 2018年11月13日閲覧。
  9. ^ Top prospect Tatis on Padres' Opening Day roster”. Espn.com (2019年3月26日). 2019年3月29日閲覧。
  10. ^ Cassavell, AJ (2018年3月28日). “Fernando Tatis Jr. debuts for Padres”. MLB.com. 2019年3月29日閲覧。
  11. ^ Cassavell, A.J. (2019年4月1日). “Tatis Jr. hits 1st MLB HR; dad will get ball”. MLB.com. 2019年4月2日閲覧。
  12. ^ 「2018 プロスペクト・ランキングTOP101」『隔月刊スラッガー』2018年5月号 日本スポーツ企画出版社 43頁

関連項目[編集]