フェロセリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フェロセリウムの使用例

フェロセリウムは、セリウム合金である。表面が荒い物で高速で擦ると、3,000 °C (5,430 °F) の火花を発生する。セリウムの 150~180 ℃という低着火温度に起因する現象である。

1903年に、化学者カール・ヴェルスバッハがフェロセリウム発火石の特許を取得し、Auermetallという商品名で販売したのが知られている。

危険物[編集]

CAS登録番号:69523-06-4、GHS分類では、可燃性固体として危険物指定されている。 『 国連番号 』は、UN1323(クラス4.1(可燃性物質)容器等級 II)に分類されているため、輸送する際には定められた容器や方法を用いなければならない[1]

用途[編集]

ライターのフリントキャンプなどのファイアスターター、ガス溶接の現場などで使用される[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 職場安全サイト(フェロセリウム)-(厚生労働省
  2. ^ Klaus Reinhardt and Herwig Winkler in "Cerium Mischmetal, Cerium Alloys, and Cerium Compounds" in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry 2000, Wiley-VCH, Weinheim. doi:10.1002/14356007.a06_139