フォアリバー造船所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

フォアリバー造船所(Fore River Shipyard)は、アメリカ合衆国造船所。公式には Fore River Ship and Engine Building Company の名称で、1800年代後半から1900年代後半にかけて操業した。

歴史[編集]

造船所は1884年にトーマス・A・ワトソンによって、マサチューセッツ州イースト・ブレーントリー近くのウェイマスに設立された。1901年に造船所はクインシー側に移動された。

1913年にベスレヘム・スチールが造船所を購入した。1964年にジェネラル・ダイナミクスによって買収され、再び所有者が変わる。造船所はその後1986年に閉鎖された。

1994年に重巡洋艦セーラム(USS Salem, CA-139)がクインシーの造船所に帰還した。造船所は駐車場に使用するため2004年に地方の自動車ディーラーによって買収されたが、現在もボストンへの通勤者が乗る連絡船のための港である。

キルロイ参上の作者とされるジョン・J・キルロイはフォアリバー造船所の溶接検査官であった。

主な建造船[編集]

軍艦[編集]

多くの軍艦がフォアリバー造船所で建造された。その一部を以下に記す。括弧内は就役年。

航空母艦
戦艦
巡洋艦
駆逐艦
  • スタレット (USS Sterett, DD-27) (1909)
  • パーキンス (USS Perkins, DD-26) (1910)
  • ウォーク (USS Walke, DD-34) (1911)
  • ダンカン (USS Duncan, DD-46) (1913)
  • クッシング (USS Cushing, DD-55) (1915)
  • タッカー (USS Tucker, DD-57) (1916)
  • サンプソン (USS Sampson, DD-63) (1916)
  • ローワン (USS Rowan, DD-64) (1916)
  • マハン (USS Mahan, DD-102) (1918)
  • リード (USS Reid, DD-292) (1919)
潜水艦
  • バイパー (USS Viper, SS-10) (1907)
  • カトルフィッシュ (USS Cuttlefish, SS-11) (1907)
  • タランチュラ (USS Tarantula, SS-12) (1907)

その他の船[編集]

  • トマス・W・ローソン:7本マストを装備した鋼製船体のスクーナー
  • ウィリアム・L・ダグラス:6本マストの鋼製船体石炭船
  • コンスティチューション、インディペンデンス:アメリカン・エクスポートライン向けに建造された大西洋航路定期船。