フォッカー 70

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フォッカー 70(Fokker 70)とは、オランダの航空機メーカーであったフォッカーが開発した小型双発ジェット旅客機である[1]

フォッカー 70

KLMシティホッパーのフォッカー70 (ブリストル国際空港)

KLMシティホッパーのフォッカー70
(ブリストル国際空港)

概要[編集]

リージョナル・ジェットとして開発された フォッカー 100(1986年初飛行)の短胴型として、胴体を4.62m短縮した70席級の旅客機である[1]。1992年11月から開発が開始され、1993年4月2日に原型機が初飛行に成功[1]した。ジェットエンジンを胴体後部に設置し、T字尾翼を有する機体であり、フォッカー100からは主翼付け根等の細部が改良されている[1]

1994年10月フォード・モーター社へ最初の量産機が引き渡された[1]。1997年にフォッカーが倒産したため、1997年4月に引き渡された機体が最終機となった。 生産期間が大変短い旅客機であり、生産数も48機と少数にとどまった。

フォッカー 100と共に、レッコフ[2](現:ネーデルランド・エアクラフトカンパニー)による再生産計画が存在したが、実現していない。

性能要目[編集]

事故[編集]

不時着した111便

2004年1月5日、オーストリア航空111便(OE-LFO)が、ミュンヘン空港付近の雪原に不時着した。111便はウィーンからミュンヘンへ向かっていたが、進入中にエンジンが故障した。搭乗していた乗客28名、乗員4名中乗客3人が軽傷を負った[3][4][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 世界航空機年鑑 2007-2008,酣燈社,P198,ISBN 978-4873572703
  2. ^ Rekkof、Fokkerの逆綴り
  3. ^ Investigation Report - Fokker 70”. BFU Germany (2005年11月). 2012年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月18日閲覧。
  4. ^ [-http://www.airdisaster.com/cgi-bin/view_details.cgi?date=01052004&reg=OE-LFO&airline=Austrian+Airlines Accident Database: Accident Synopsis 01052004]
  5. ^ Ranter, Harro. “ASN Aircraft accident Fokker 70 OE-LFO München-Franz Josef Strauss Airport (MUC)”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

関連項目[編集]