フォッカー W.3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

フォッカー W.3

原型機フォッカー M.7

原型機フォッカー M.7

フォッカー W.3Fokker W.3)は、ドイツの試作水上偵察機

複葉偵察機として採用されていたフォッカー M.7を原型として、フォッカー W.2で使用したフロートを利用して水上機としたものである。

ドイツ海軍に受領されなかったM.7の機体を改造して作られた本機の降着装置は、フロート2基。尾部のスキッドもフロートに変更された。自重の増大に対応して主翼を大型化し、上翼をより高く持ち上げて必要な揚力の確保をもくろんだ。逆V型に主柱を設けて控え線を張り、支柱を増やして主翼を支えた。エンジンはM.7と同じく、80馬力のオーバーウルゼル U01基であった[1]

完成した機体にW.3の名称を与えられた後、飛行試験に臨んだ。だが、飛行することが出来ず、程なく計画は中断された。残されたW.3の機体は解体され、M.7に再度改造された。完成したM.7は、ドイツ海軍航空隊で練習機として使用された[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c Paul Leaman (2000). Fokker Aircraft of World War One. pp. 51-52. 
  2. ^ Fokker W.3”. 2013年7月17日閲覧。