フォックスホール・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

フォックスホール・アレクサンダー・パーカー・シニア英語:Foxhall Alexander Parker, Sr.、1788年1857年11月23日)はアメリカ海軍士官

経歴[編集]

バージニア州ウェストモアランド郡に生まれる。1808年1月1日、士官候補生として海軍に入る。米英戦争中には捕虜になったことがある。1813年3月9日に大尉に昇進、1825年3月3日には中佐、1825年3月3日には大佐に昇進した[1]

大尉時代の1821年、帆走フリゲート・コンスティチューションに配属されたことがあったが、1842年にはその艦長となった。1843年から1845年にかけては東インド艦隊、1851年には本国艦隊(Home Squadron)の指揮をとった。

脚注[編集]

  1. ^ The Parker Family Of Essex, the Northern Neck, &c (Concluded), © 1898 Virginia Historical Society, pg. 195


軍職
先代:
ローレンス・カーニー
アメリカ合衆国の旗 東インド艦隊司令官
第4代:1843 - 1845
次代:
ジェームズ・ビドル