フォッケ・アハゲリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フォッケ・アハゲリス
Focke-Achgelis
業種 航空機産業軍需産業
設立 1937年(82年前) (1937
創業者 ハインリヒ・フォッケ
ゲルト・アハゲリス英語版
本社 ホイケンカンプ英語版
ニーダーザクセン州, ドイツ
製品 ヘリコプター回転翼機
テンプレートを表示

フォッケ・アハゲリス (Focke-Achgelis) は、1937年にドイツで設立され、第二次世界大戦終了時まで活動したヘリコプター製造会社である。

概要[編集]

1923年に航空機メーカーのフォッケウルフを設立したハインリヒ・フォッケは、1936年に株主からの圧力によりフォッケウルフを退社した。背景には政治的理由があったとされるが、フォッケの設計した世界初の実用的ヘリコプターであるFw 61 (Fa 61)[1]に感銘を受けたドイツ航空省は彼にヘリコプター専門の開発会社を設立するよう勧め、700 kg (1,500 lb)の積載容量を持つヘリコプターの要求仕様を提示した。

ハインリヒ・フォッケは1937年4月27日にテストパイロットのゲルト・アハゲリス英語版と共同でフォッケ・アハゲリス (Focke-Achgelis & Co. G.m.b.H.)をニーダーザクセン州ホイケンカンプ英語版に設立し[2]1938年よりデルメンホルスト市で開発作業を始めた。

開発機種[編集]

  • Fa 61 - ハインリヒ・フォッケ設計の最初のヘリコプター。1936年。
  • Fa 223 "ドラッヘ" - 空軍向けに開発されたモデル。胴体左右に各1基のメインローターを持つ[3]。1939年。
  • Fa 224 "リベレ" - Fa 61をベースに開発された練習用ヘリコプター。10機生産予定であったが製造中止された。1939年。
  • Fa 225 - 軍用グライダーであるDFS 230の胴体に回転翼を取り付けたもの[4]。1942年に試作。
  • Fa 266 "ホルニッセ" - Fa 61を6人乗りに拡張した機体。1939年。
  • Fa 269 - ティルトローター垂直離着陸(VTOL)実験機[5]
  • Fa 283 - 胴体中央に1基のメインローターを持つモデル。計画のみ。
  • Fa 284 - 胴体左右に各1基のメインローターを持つモデル[6]。計画のみ。
  • Fa 325 "クラッベ" - 4基のメインローターを持つマルチコプター型モデル。計画のみ。
  • Fa 330 "バッハシュテルツェ" - ドイツ海軍のUボートに搭載された小型ローターカイト英語版[7]。1942年。
  • Fa 336 - Fa 330の発展型[8]。1944年、計画のみ。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]