フォナック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フォナックPhonak)は、スイス補聴器ブランド。同ブランドはフォナック・ホールディング(Phonak Holding AG)により製造されてきたが、2007年より、ソノヴァ・ホールディング(Sonova Holding AGSIXSOON)のブランドの一つとしての位置付けとなっている。ソノヴァ・ホールディングは、チューリッヒ近郊のシュテファ(Stafa)に本社を持つ。

沿革[編集]

フォナックの起源は1947年、フランスとベルギーの投資家グループがチューリッヒに設立したAG für Elektroakustikにある[1]。フォナックの社名は、1950年に発売された最初の携帯式補聴器「Phonak Alpina」に由来する[2]1965年Ernst Rihsによる株式取得後会社は発展を続け、1978年にはフランスとドイツに初の海外拠点を設置、1987年に本社をシュテファに移転、1989年にアメリカ合衆国に進出した[1]。21世紀には日本を含むアジア諸国へも進出し、100ヵ国以上で利用されるデジタル補聴器のグローバルブランドに成長した。

2007年8月、持株会社名をそれまでのフォナック・ホールディング(Phonak Holding AG)からソノヴァ・ホールディング(Sonova Holding AG)へと変更したが、フォナックのブランド名は以降も継続して使用されている。なおソノヴァ・ホールディングは他に補聴器ブランド「ユニトロン」(Unitron)を傘下に保有しており、ユニトロンの拠点はカナダオンタリオ州キッチナーにある[3]

日本法人は「フォナック・ジャパン株式会社」として、2003年6月、東京(西五反田)に設立、その後2017年11月に「ソノヴァ・ジャパン株式会社」に名称を改めている[4]

サイクルロードレース[編集]

フォナックは2002年から2006年まで、サイクルロードレースチーム『フォナック・ヒアリングシステムズ』のメインスポンサーを務めていた。同チームはフロイド・ランディスアクセル・メルクスらを擁した中堅チームであったが、2006年のツール・ド・フランスでのランディスのドーピング違反による総合優勝剥奪を契機に解散した[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b Our history” (英語). Phonak AG. 2017年8月4日閲覧。
  2. ^ About us” (英語). Sonova Holding AG. 2017年8月4日閲覧。
  3. ^ Contact Us” (英語). Unitron. 2017年8月4日閲覧。
  4. ^ フォナックが社名変更 ソノヴァ・ジャパン株式会社へ”. ドリームニュース (2017年11月22日). 2018年9月27日閲覧。
  5. ^ ツール・ド・フランスでビジネスチャンス”. swissinfo.ch (2010年4月8日). 2017年8月4日閲覧。