フォルケ・アキンラデウォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フォルケ・アキンラデウォ
Foluke Atinuke Akinradewo
 No.16
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Foluke Akinradewo.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1987-10-05) 1987年10月5日(33歳)
出身地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州ロンドン
ラテン文字 Foluke Atinuke Akinradewo
身長 191cm
体重 79kg
選手情報
所属 日本の旗久光スプリングス
愛称 ルーク
ポジション MB
指高 240cm
利き手
スパイク 331cm
ブロック 300cm
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
2012 ロンドン
2016 リオデジャネイロ
世界選手権
2014 ミラノ
ワールドカップ
2015 名古屋
ワールドグランプリ
2010 寧波
2011 澳門
2012 寧波
2015 オマハ
2016 バンコク
ネイションズリーグ
2018 南京
北中米選手権
2011 カグアス
2015 モレリア
テンプレートを表示

フォルケ・アキンラデウォ(Foluke Atinuke Akinradewo, 女性、1987年10月5日 - )は、アメリカ合衆国バレーボール選手、カナダオンタリオ州ロンドン出身。ポジションはミドルブロッカーアメリカ合衆国女子代表。カナダ国籍、ナイジェリア国籍、アメリカ国籍を保持している。

来歴[編集]

2008年スタンフォード大学在学中に米国代表入り。2010年からスタメンに定着し、同年のワールドグランプリでは優勝に貢献し、自身もMVPとベストブロッカー賞を受賞した。同年10-11月開催の世界選手権に出場した。

世界女子バレーボール選手の中でも1・2を争う最高到達点331cmを誇り、コートの横幅9mを最大限に使った豪快なブロード攻撃とブロックが特徴。特にデスティニー・フッカーと2人で跳ぶブロックは世界最高峰の高さを誇る。

2010-2011シーズンはVプレミアリーグトヨタ車体クインシーズでプレーし、スパイク賞を受賞した。2011年ワールドグランプリ2011で2連覇に大きく貢献した。同年11月のワールドカップに出場した。 2012年ロンドンオリンピックに出場し、準優勝に大きく貢献した。

2012-2013シーズンからアゼルバイジャンリーグの強豪ラビタ・バクーへ移籍し、同シーズンのヨーロッパチャンピオンズリーグで準優勝した。

2014年10月に行われた世界選手権では、アメリカ合衆国の初優勝に貢献した[1]

2016年8月に行われたリオデジャネイロオリンピックで銅メダルを獲得し、自身もベストミドルブロッカー賞を受賞した。2017/18シーズンにV・プレミアリーグの久光製薬スプリングス(2020年より久光スプリングス)に入団[2][3]。2シーズンプレー後、出産を経て2020-21シーズンに久光に復帰[4][5]

エピソード[編集]

試合中にかけているゴーグルは、ブロックに跳んだ際に相手のアタックしたボールが目に当たり怪我をしたことがあったため、それ以来前衛でのプレー時にだけ使用している。

同じアメリカ合衆国代表バルセロナオリンピック銅メダリストのルース・ラワンソンはアキンラデウォの従姉である[6]

球歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 2010年 - WGP MVP、ベストブロッカー賞
  • 2011年 - 2010-11 Vプレミアリーグ スパイク賞
  • 2013年 - 2012-13 アゼルバイジャンスーパーリーグ ベストスパイカー賞
  • 2016年 - オリンピック ベストミドルブロッカー賞
  • 2016年 - 世界クラブ選手権 ベストミドルブロッカー賞

所属クラブ[編集]

脚注[編集]