フォンドメタル・GR02

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フォンドメタル・GR02
カテゴリー F1
コンストラクター フォンドメタル
デザイナー セルジオ・リンランド(テクニカル)
ハンス・フーシェ(エアロダイナミクス)
先代 フォンドメタル・GR01
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) コニ製ショックアブソーバー, プッシュロッド
サスペンション(後) コニ製ショックアブソーバー, プッシュロッド
トレッド 前:1,800 mm (70.9 in)/後:1,680 mm (66.1 in)
ホイールベース 2,875 mm (113.2 in)
エンジン フォードコスワース HB 3,498 cc (213.5 cu in) 90°V8, NA,
トランスミッション Xトラック 6速
重量 505 kg (1,110 lb)
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム フォンドメタル
ドライバー 14. スイスの旗 アンドレア・キエーザ
14. ベルギーの旗 エリック・ヴァン・デ・ポール
15. イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ
初戦 1992年カナダグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
7 0 0 0
テンプレートを表示

フォンドメタル・GR02 (Fondmetal GR02) はフォンドメタル1992年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはセルジオ・リンランド。フォンドメタルのオーナー、ガブリエーレ・ルミはフォメットF1の性能に満足せず、GR02はそれに代わって開発された。GR02は前作のGR01同様に3.5リッターのコスワース HBを搭載した。デビュー戦は1992年カナダグランプリ、ガブリエル・タルキーニがドライブした。チームメイトのアンドレア・キエーザは次戦のフランスグランプリで初めてドライブした。GR02はその可能性を示してメディアから称賛されたが、フォンドメタルは財政難によりベルギーグランプリの後にフォーミュラ1から撤退した。

設計および開発[編集]

ガブリエーレ・ルミは1991年シーズン、フォメットF1の性能には納得せず、ロビン・ハード率いるフォメットとの提携を終了した[2]。その後ルミは、始めにトム・ウォーキンショー・レーシングと交渉を行い、結局セルジオ・リンランドのアスタウト・スタジオと契約を結んだ[2]。リンランドは以前ブラバム・BT60の開発に携わり、GR02はアスタウトにとって初めての作品であった[3]。当初はブラバムの1992年用マシン、BT61として設計されたマシンであったが、資金難で開発中止になったものだった。しかしながら、この変更は1992年シーズン開幕に間に合わせるにはあまりにも遅すぎたため、フォメットF1が改修されてGR01として投入された[2]。エンジンはコスワース DFRに替えて、新たにコスワース HBを搭載した。これにより出力は100馬力増加した[2]。GR02の開発は1992年初旬に始められ、最初の原型は1992年5月にフェラーリフィオラノ・テストコースで走行した[3]。GR02はBT60よりもシンプルな機械コンポーネントを持ち、Xトラック製のギアボックスと、2本のショックアブソーバーを前後に装備した[3]。しかしながら、空力デザインは従前のものとは異なり、細身のノーズコーンにアンヘドラル・ウィングを採用していた[2]。アンヘドラル・ウィングを採用することで気流を床下およびディフューザーに導いていた[3]。GR02のデビュー戦は1992年カナダグランプリで、プレスは称賛の記事を書き連ねた。オートスポーツ誌は「かつてF1パドックの冗談であったチームの大きな前進」と記し、BBC解説者のマレー・ウォーカーは、「素晴らしい車、非常にカッコいい車、良い性能、それでも未だに多くの開発の必要がある。」と語った[2]。しかしながら、GR02のテストは不十分で、良いペースを示したものの、信頼性の問題によって苦しめられた[2]。フォンドメタルがF1を撤退した後、GR02は1995年フォルティ・コルセによってFG01として再開発されたとうわさされた[2][4]

レース戦績[編集]

1992年カナダグランプリでGR02は実戦参加の準備ができていた[2]ガブリエル・タルキーニにこの新車が与えられたが、信頼性問題は週末の間中彼を苦しめた。タルキーニは予選を18位で通過したが[2]、決勝では序盤でギアボックストラブルのためリタイアした[5]。2台目のGR02は次戦フランスグランプリに投入された。決勝ではジョーダンマウリシオ・グージェルミンが第1コーナーでクラッシュ、アンドレア・キエーザはそれに巻き込まれてリタイアした[2][6]。一方混乱を免れたタルキーニも6周目にスロットルケーブルの故障でリタイアした[2][6]。次戦のイギリスではスペアカーが無かったため、キエーザはGR01をドライブした。タルキーニは予選を15位で通過、決勝は14位でフィニッシュした[7]。このレースでタルキーニは8番目のタイムをたたき出し、フェラーリイヴァン・カペリロータスミカ・ハッキネンを上回った[2]。つづくドイツグランプリでタルキーニは予選19位、決勝はエンジントラブルでリタイアした[2][8]。キエーザは成績不振とスポンサーマネーの関係からドイツグランプリ後に解雇され、ハンガリーグランプリからはエリック・ヴァン・デ・ポールがドライブする[9]。両名とも予備予選の対象であったが、問題なく予選を通過、タルキーニは12位という順位で通過した。決勝ではタルキーニは1周目の接触、ヴァン・デ・ポールは3周目にスピンでリタイアした[10]。今になってこれらのクラッシュとGR02の非信頼性はチームの財政に悪影響を及ぼしてきた。チームがベルギーグランプリに用意できたスペアは僅かであったが[2]、タルキーニは予選11位、ヴァン・デ・ポールは予選15位で通過した。決勝ではタルキーニが25周目にエンジントラブルでリタイアしたが、ヴァン・デ・ポールは10位でフィニッシュしている[11]。しかしながら、この結果もチームの恩恵とはならず、ルミはイタリアグランプリを最後に撤退することを決定した[2]。イタリアでタルキーニは予選20位、ヴァン・デ・ポールは25位であったが、決勝ではヴァン・デ・ポールがクラッチ、タルキーニがギアボックスのトラブルでリタイアした[12]。ルミは財政難からペイドライバーとしてジュゼッペ・ブガッティの起用も考えたが、負債の増加を考えてチームから手を引いた[2]


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1992年 フォンドメタルF1 SpA フォードコスワース HB
V8
G RSA
南アフリカの旗
MEX
メキシコの旗
BRA
ブラジルの旗
ESP
スペインの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 NC
アンドレア・キエーザ Ret DNQ
ガブリエル・タルキーニ Ret Ret 14 Ret Ret Ret Ret
エリック・ヴァン・デ・ポール Ret 10 Ret

参照[編集]

  1. ^ Fondmetal GR02”. STATS F1. 2015年1月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Fondmetal – Profile”. F1 Rejects (2007年7月24日). 2013年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c d 1990–1992”. Sergio Rinland Consulting. 2015年1月10日閲覧。
  4. ^ Diepraam, Mattijs (2010年3月12日). “Identity changes in Grand Prix racing”. 8W. 2015年1月10日閲覧。
  5. ^ Canadian GP, 1992 Race Report”. Grandprix.com. 2015年1月10日閲覧。
  6. ^ a b French GP, 1992 Race Report”. Grandprix.com. 2015年1月10日閲覧。
  7. ^ British GP, 1992 Race Report”. Grandprix.com. 2015年1月10日閲覧。
  8. ^ German GP, 1992 Race Report”. Grandprix.com. 2015年1月10日閲覧。
  9. ^ Hungarian GP, 1992 Race Report”. Grandprix.com. 2015年1月10日閲覧。
  10. ^ 1992 Hungarian Grand Prix”. The Official Formula 1 Website. 2007年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月10日閲覧。
  11. ^ Belgian GP, 1992 Race Report”. Grandprix.com. 2015年1月10日閲覧。
  12. ^ Italian GP, 1992 Race Report”. Grandprix.com. 2015年1月10日閲覧。