フォーエヴァー・モーツアルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フォーエヴァー・モーツアルト
For Ever Mozart
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
製作 アラン・サルド
ルート・ヴァルトブルゲール
出演者 ヴィッキー・メシカ
音楽 ケティル・ビヨルンスタ
デヴィッド・ダーリング
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
撮影 クリストフ・ポロック
編集 ジャン=リュック・ゴダール
配給 日本の旗 フランス映画社
公開 フランスの旗 1996年11月27日
日本の旗 2002年6月29日
上映時間 84分
製作国 フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
ドイツの旗 ドイツ
言語 フランス語
テンプレートを表示

フォーエヴァー・モーツアルト』(For Ever Mozart)は、1996年(平成8年)公開のジャン=リュック・ゴダール監督による、フランススイスドイツ合作映画である。

略歴・概要[編集]

本作のタイトル、英語の「For Ever Mozart」は、仏語の「pour rêver Mozart」(「モーツァルトの夢をみるために」の意)に聞こえるように意図的に仕掛けられたバイリンガルな駄洒落である[1]

おびただしい映像と音響の引用で構成される大作映画『ゴダールの映画史』の時代(1988年 - 1998年)のまっただなかで撮られた本作も、映像と音響の直接の引用が多く行われている[2]

ワールドプレミア上映は、1996年の第53回ヴェネツィア国際映画祭である[2]。日本では、2002年(平成14年)6月29日に劇場公開された。「フォー」と「エヴァー」を2単語にせず、「モーツルト」ではない、本項の表記「フォーエヴァー・モーツアルト」は日本公開時の正式邦題である[2]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • ヴィッキー・メシカ (Vicky Messica) - 演出家
  • マドレーヌ・アサス - カミーユ
  • ガリア・ラクロワ - ジャミラ
  • ベランジェール・アロー - 女優
  • フレデリック・ピエロ (Frédéric Pierrot) - ジェローム
  • シルヴィー・エルベール - シルヴィ
  • ミシェル・フランチーニ - プロデューサーのフェリックス男爵
  • ヴァレリー・ドラングル - ソランジュ
  • マックス・アンドレ - コンサルタント
  • サビーヌ・バイユ - 男爵の友人
  • ハリー・クレフェン - ジャーナリスト
  • スタニスラス・ガチョウ - 撮影技師
  • セシル・レゲール - 撮影助手
  • ユリアル・ウインター - モーツァルト

[編集]

  1. ^ For Ever Mozart Review by Jonathan Rosenbaum
  2. ^ a b c #外部リンク欄の日本での配給元・フランス映画社による本作の公式サイトの記述を参照。二重リンクは省く。